2016年4月号 2016年4月号

木島裕子より

夜桜皆さん、こんにちは(^。^) すっかり春です。桜大好きの私は夙川へ夜桜を観に行ってきましたよ。美しかったです~! そして翌日は、生まれて初めて「お能」を観に行ってきました。雰囲気はとても楽しめたのですが、内容が理解できず、途中からは睡魔との戦い。(ごめんなさ~い)

お能さて、今日はちょっと真面目に春に起きやすい症状について書いてみますね。
春と言えば環境が大きく変わることが多い季節です。
新入学や、新入社員として初めて会社で働くようになったり、転勤で初めての土地に引っ越した、など様々な変化が起こりますね。初めてのことはワクワクして楽しいわ、という積極的な人もいれば、新しいことに緊張したりドキドキしたりで毎日にちょっぴりストレスを感じたりするナイーブな人もいます。春という季節は漢方的に言うと、自律神経が関係する季節なんです。新芽が出てきて、葉っぱも枝もグングン伸びてくる時です。人の気持ちも自然界と同じように伸びやかであるとよいのですが環境の変化によって伸びやかにいかず、自律神経が乱れてしまう人が結構います。その結果、めまいや耳鳴り、不眠、頭痛、胃痛、便秘、不安感、緊張感、動悸などいろいろな症状が現れます。そういったことでトーユーファーマシーに相談にきてくださるお客様に私がよく使う漢方薬が「柴胡疎肝湯」と「敬震丹」です。そして、脳の活性酸素を消去する牡蠣エキスの「ワタナベオイスター」も併用していただくと一層なおりやすいですね。

敬震丹柴胡疎肝湯「柴胡疎肝湯」は簡単に言うとストレス緩和剤のようなイメージです。「敬震丹」も、ストレスや不安、緊張感、不眠などがあるにはぜひ飲んでいただきたい漢方薬です。人間のからだには、目には見えませんが「気」というものが流れています。日本人は昔から「気」というものが存在することはわかっているんですね。なぜなら、「気」という字が付く言葉をみんな普通に使っていますよね。「元気」「気疲れ」「気構え」「気遣い」「病は気から」などいっぱいあります。そういった大事な「気」が停滞しないよう巡らせてくれる生薬のことを「行気薬」と言いますが、先程の「敬震丹」にはその行気薬がたくさん配合されています。口に含むと、これぞ漢方!というような香りが口の中に広がります。これだけでも気分が落ち着く人もいますよ。見た目は薄い板状のチョコレートのような感じすが、ちょっと苦いです。訳もなく気分が沈んでしまう時や、イライラする時などに、これを舐めていると、いつの間にか気分がフツーに戻っていたりする不思議で便利な漢方薬です。昼間の緊張がなかなか緩まず、寝る時間になっても目が冴えて冴えてちっとも眠くならない人にもおススメです。あと、脳の中に発生する活性酸素は自律神経のバランスを乱す大敵ですからワタナベオイスター、ワタナベオイスターでしっかりと消しておくのがいいですね!眠りが浅く、夜中に何度も目が覚める人はぜひ「ワタナベオイスター」や「敬震丹」をお試しになるといいですよ。睡眠には当然ですが、「脳」が関係していますからね。私が睡魔に襲われたのは「お能」です。私の「脳」には「お能」が睡眠薬のような役割を果たしたわけです。なんのこっちゃ。

以上、今回は春に役立つ漢方薬やサプリをご紹介しました。何かお困りの時は木島にご相談くださいね。きっとあなたのお役に立てると思いますよ

夏苅より

万博お花見万博公園へお花見に行きました。7分咲位でしたが快晴で気分上々、ビールも料理もたっぷり持ってルンルンで出掛けました。春休みで子どもがいーっぱい。にぎやかです。お弁当を食べる場所も空いてる所がなくて仕方なく坂になってる所にシートを広げて、まずはビールで乾杯美味し~い。幸せ~
しかし、10分もすると周囲の子供達は食事を終え、号令の笛でも鳴ったかのように皆、立ち上がり広場でキャッチボールやサッカーを始めました。そしたらば、ボールが私達めがけてドンドン転がってきます。やはり坂に座ったのはまずかった場所を移動しようと立ち上がろうとしたら、ビールのせいか足がよろけて中腰のまま、あ~の叫び声と共に坂を下ること約5m先でなんとか着地。ブザマ…最低最悪ブザマな姿を周囲にさらす恥しいお花見でした。

長澤より

手を振る女の子やっと春らしい気候になってきましたね。皆様 体調はいかがでしょうか?
先日の出来事です。親戚が集まる場がありました。結婚式に出席して頂いてからお会いしていない親戚などと集まるとの事で少し緊張して出かけました。到着が早かったのかうろ覚えのおじいちゃんやおばさん、おじさんとの会話にドキドキしながら過ごしていると、そこに見覚えのある車があっ近い親戚でよく会うおじさんだ私は元気いっぱい体全体を使う勢いで手を振り続けました。おじさんは少しキョトンとしていましたが笑顔で会釈。しかし助手席のおばさんは何か変だな私を見る目が怪しんでいる?あーそうなんです。全く別人の知らないご夫婦だったのです。顔からボッと火が出そうではなく出ました

宮本より

松寿仙私は昨年まで「3つの石を持つ女」でした。
人間ドックで胆のうと左右の腎臓の3か所に石が見つかったのです。3mm程の小さな石なので悪さをすることはないのですが、少し気にかかっていました。
ところが、今年の人間ドックでは胆石が消えていました。どうやら流れ出てくれたようです。嬉しいなぜでしょう?毎日飲んでいる「松寿仙」のおかげかな?と私は思っています。
「松寿仙を飲んでいると不思議なことがおこるんです」メーカーさんからそんな話を聞いていましたが、私はそれを実際に体験することができました。「次の人間ドックまでに腎臓の石も消えたらいいな~。」そんなことを考えながら毎日せっせと「松寿仙」飲んでいます
ページ最上部へ