「鉄板焼きのお店の進化」 2020年6月

「鉄板焼きのお店の進化」木島裕子より

こんにちは
新しい生活様式となり、手洗いやマスク生活にも、慣れてきましたね。今までと全く同じにはいかないので、頭を柔軟に切り替えていく必要がありますね。

さて今回は、うちの薬局の近くにある、美味しい鉄板焼のお店のお話です。 今まで時々、夜に食事に行っていたのですが、緊急事態宣言が出て以来、そのお店も夜の営業をお休みせざるを得なくなったのです。

ある日、そのお店のオーナーのお母さんが、「テイクアウト始めました」という紙を持って、そのお店の前にずーーっと立ってらっしゃるという噂を聞きました。そのお母さんとはお店で何度かお会いしたこともあり、とても優しく温かみのあるお人柄でした。私も何か応援させていただければと思い、早速電話でランチを注文することにしたのです。 オムライス「オムライスをお願いできますか?」とお尋ねすると、どうやらまだオムライスは、テイクアウトのメニューには想定されていなかったようなのです。「あっ…オムライスは無理ですか…?」と聞くと、「できます大丈夫です何でも言って下さい」と元気よく答えてくれました。 取りに行くと、実に美味しそうなオムライスにサラダもつけてくれていました。それ専用の容器ではないため、こんもりとしているオムライスにふたをギュッとかぶせるとつぶれてしまいそうです。なので、上にそおっと乗せて下さって、そろそろと持って帰りました。美味しかったですよ

メニュー数日後に再びオムライスを注文して取りに行くと、さすがもう進化してましたふたをしてもつぶれない高さの容器に変わっており、ランチ
メニューも増え、可愛いイラストで書かれたメニューがパリッと出来上がっていました。鶏のもも焼き弁当には、ローストビーフも入っていて凄く美味しいんです。仕事中でなければビールが飲みたくなるくらい。(笑)

限られた条件の中で、今できることを懸命に模索して精一杯の努力をされているお店の人には頭が下がる思いです。日本中、世界中の人たちが知恵を絞って、この波を乗り越えようとしています。私も頑張ろうと思います。 皆さんがお幸せでありますように
ページ最上部へ