ワタナベオイスター セミナー情報 セミナー情報

ワタナベオイスターの関連情報

ワタナベオイスターセミナー【ストレス・睡眠編より】

◆不安障害・パニックと栄養アプローチ

不安障害やうつ、パニックなどの精神的な病気が、栄養素の不足とも関係していると言われています。

それに関してのセミナー資料として、「最新精神医学2008」に、新宿溝口クリニックの溝口 徹先生が『不安障害・パニックと栄養アプローチ』と題して、執筆されたものが載っていましたので、一部を以下にご紹介致します。

★★★★★★★★★★
 
(1)脳の機能と栄養

≪血液脳関門とアミノ酸≫

脳の機能は、外界の条件に左右されることが無いように多くの防御機構が働いている。毛髪や頭蓋骨による外力からの防御、体血圧と頭蓋内圧との関係などとともに、血液脳関門が存在する。

脳が活発に成長している幼少時には、不用意に、脳に対して不都合な物質を口にする可能性が高い。
また成人においても、残留農薬などに代表される有害物質を摂取する可能性は常に存在する。

これらの脳にとって有害な物質が、直接血液から脳へ送り込まれることは大きな問題である。
また脳内において重要な機能をもつ神経伝達物質の多くは、腸管や末梢神経などにおいても存在し、生理活性を有している。

これらの脳以外で生合成された生理活性物質の影響を脳が受けることも、健全な脳の機能を維持することを妨げる。
例えば、抑制系の神経伝達物質であるGABAが含まれたチョコレートを食べることによって脳内のGABA濃度が上がることはない。

 ​★★★

(2)脳内における神経伝達物質の生合成

通常、細胞内でタンパク質が合成されるのは、DNAが存在する核の周辺である。
神経細胞においても同様に核周辺で合成されたタンパク質を、軸索を通して神経終末まで輸送する軸索輸送というシステムが発達している。

しかし、様々な条件に敏感に反応しなくてはならない神経伝達物質の生合成は、このシステムでは対応が困難である。そのため、神経伝達物質の生合成は、主に神経終末部で行われている。

つまり神経伝達物質の材料となるアミノ酸などは、食物として摂取し、脳血液関門の各種輸送系を通して取り入れた後、主にグリア細胞によって神経終末へ供給されるのである。

神経終末には軸索輸送によって運ばれてきた各種酵素が存在し、グリア細胞によって供給されたアミノ酸と反応し、神経終末部において神経伝達物質が生合成される。

このとき、神経終末に存在する各種酵素には、それぞれ補酵素や補因子が存在する。
この補酵素や補因子の存在がなければ酵素活性は不十分であり、神経伝達物質の生合成の障害となる。

上記のように脳内神経伝達物質のインバランスの補正には、脳血液関門を介したアミノ酸の供給、合成に必要な酵素の存在、酵素活性を左右する補酵素や補因子などが充分に存在することが必要になるのである。


★★★

(3)セロトニンの生合成

グリア細胞よりセロトニンの前駆物質であるトリプトファンが神経終末部へ取り込まれる。
神経終末部に取り込まれたトリプトファンは、トリプトファン水酸化酵素(TPH)の働きにより、5-ヒドロキシトリプトファン(5-HTP)に変化する。

この反応は、セロトニン生合成のの律速段階であり、TPHは、テトラヒドロビオプテリンを補酵素とし、Fe2+を補因子として必要とする。

5-HTPは、芳香族L-アミノ酸脱炭酸酵素により5-ヒドロキシトリプタミン(セロトニン,5-HT)へ変換される。
その後、シナプス小胞に存在するアミントランスポーターの働きでシナプス小胞内へ取り込まれる。
蓄えられたセロトニンは、カルシウムをセカンドメッセンジャーとして、シナプス間隙へ放出される。

遊離されたセロトニンの多くは、セロトニントランスポーターの作用により、神経終末部に再取り込みされる。
一部のセロトニンは、神経終末部の自己受容体に作用し、セロトニンの放出を抑制する。

カルシウムを介したセロトニンの放出作用は、神経細胞膜の内外のカルシウム濃度差に依存している。
カルシウム摂取不足による副甲状腺ホルモンの分泌亢進は、細胞内外のカルシウムの濃度差を減少させ、正常なセロトニン分泌を障害する原因となる。

このことから、神経伝達物質のシナプス間隙への放出という最終段階におけるカルシウムの重要性が理解できる。


★★★

(4)主要な神経伝達物質の生合成とビタミンB群の重要性

不安障害を始め、多くの精神症状の発現に関与している神経伝達物質についても、その生合成過程に必要な酵素、補酵素、補因子を介した経路が知られている。
(中略)
若年の女性の場には、ヘモグロビンがやや低値であっても問題とすることが少ない。
しかし、神経伝達物質の生合成における律速段階には、鉄が補因子として必要であることが多い。
このような補因子として作用する鉄の過不足は、従来のヘモグロビン、ヘマトクリットを中心とした鉄の評価では知ることができない。

この症例においても、重度の鉄欠乏と判断し、ヘム鉄製剤を中心とした栄養アプローチを行った。
女性の不定愁訴や精神症状の理解において、組織鉄の不足を評価し対応することは極めて重要である。

鉄だけでなく、亜鉛、マンガン、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルは、神経伝達物質の生合成の過程や、神経伝達物質のシナプス間隙への放出などの過程で重要な機能を有しており、これらミネラルの不足が存在する場合には、積極的な補給が必要になる。

この症例においても、亜鉛を活性中心とするアルカリフォスファターゼ活性が低下していることから、積極的に亜鉛の補給を行い、検査データの改善だけでなく、亜鉛不足に伴う臨床症状の劇的な改善を得た。



◆睡眠物質について

ぐっすりと眠るためには、眠りを導くための『睡眠物質』が脳の中にたっぷりと満たされることが必要であることがわかってきました。この『睡眠物質』が少ない人は、寝つきが悪かったり、寝ている途中で目が覚めてしまったりします。

『睡眠物質』は脳の中で作られます。その原料は、アミノ酸やブドウ糖で、そこに、亜鉛・セレン・銅・ビタミンB12などのミネラルやビタミンが働きかけることによって作られます。

元大阪バイオサイエンス研究所の裏出良博先生が、≪薬の知識2001≫に『睡眠物質』のことについて書いておられたので、その内容から一部抜粋して、ここにご紹介致します。

★★★

「睡眠が覚醒中に蓄積されるホルモン様の物質(睡眠物質)により誘発される」という睡眠の液性調節の概念は20世紀初頭に日本の石森国臣博士とフランスのヘンリー・ピエロン博士により提唱された。

彼らは、それぞれ独自に、長時間断眠させたイヌの脳脊髄液を別のイヌの脳内に投与すると、そのイヌが眠ることを発見し、断眠中に脳内に蓄積する睡眠物質の存在を予言した。

睡眠物質とは自然な睡眠を誘発する内因性の物質であり、非生理的な睡眠や昏睡をひき起こす睡眠薬や麻酔剤とは異なる。現在までに、数十種類い及ぶ睡眠物質が同定されている。それらのなかで、われわれが研究を進めているプロスタグランジンD₂は最も強力であり、その作用機構について、分子レベルでの研究が最も進んだ睡眠物質である。


(この続きは次回です。)

ワタナベオイスターの詳しい情報はこちら
 
ご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ

ワタナベオイスターの工場見学記

≪第1話 八王子に向けて出発~!≫

7月14日・15日の連休に、ワタナベオイスターの新社屋と工場の見学に行って来ました。ワタナベオイスター研究所は東京の八王子市にあります。

何年か前、旧社屋の時に見学に行ったことはあったのですが、平成28年に新社屋が建ったので、今回の再訪問となりました。

以前からこのお誘いは受けていたのですが、スケジュールがなかなか合わず、ようやく今回行けることになりました。
天気予報は雨でしたが、なんとか持ちこたえてくれて、曇り空の中、出発で~す。

新大阪の新幹線乗り場は、連休のせいでしょうか、まだ朝早いのにたくさんの人、人、人。
のぞみに乗ろうとホームで待っていると、暇なのでいろんなことが耳に入ってきたり、目についたり面白いですよね。

1本前の列車が発車しようとする際、ホームに立ってマイクを持ってる駅員さんが、「○○色の服を着た女性の方、黄色い線までおさがり下さい!!」「お子さんを肩車されている方、肩車はおやめください!」など、安全のためにいろんなご注意を呼びかけています。

洋服の色までご指摘とはさすが!凄い!
こうしてホームの遠くの方までチェックするには、駅員さんは目も良くないといけないんでしょうね~~。

さて、定刻通りに新大阪駅を出発した新幹線は無事に新横浜駅に着きました。車内ではほとんど寝ていた私…。
ここからは、横浜線に乗り換えて八王子駅を目指します。
新横浜から快速で約50分ほど。知らない場所はなぜかメッチャ遠くに感じますよね~~。そして、ようやく八王子駅に辿り着きました~~。

さて、ここから集合場所の京王プラザホテルに向かいますよ。歩いて2分だからすぐそこのはず。
でも、う~~ん、どっちの方向やろ?
スマホの道案内で見ればイイんでしょうけど、なんかめんどい。誰かに聞いちゃおっと。

でーー、駅ビルの中にある本屋さんに入り、店員の女の子に尋ねると、笑顔で「はい、こちらですよ~」と、どんどん店を出て、後ろを振り返ることもなく、私の前をトコトコ歩いて行くのです。

ビルの端っこまで行って右方向を指差し、「あの建物です、わかりますか~?」とご親切に案内してくれました。
関西の人もたいがい親切な人が多いですが、八王子の人もホントに親切です。ありがとうございます!
こうして無事にホテルに到着で~す。


≪第2話 小旗を振ってお出迎え~≫

全国各地の薬局薬店の方々が八王子駅前の京王プラザホテルに集合しました。
夜には再びここに戻って来ます。

さて、ここからは観光バスで会社までビュー――っと直接連れて行ってくれるのでありがたいです。
途中には歌手のユーミンさんのご実家である、「荒井呉服店」もありましたよ。
へ~~っ、ほ~~っと見ている間にサーーッと通り過ぎましたけどね。(笑)

その後、バスは20~30分も走ったでしょうか。
だんだんと緑豊かな景色となってきました。

そろそろワタナベオイスター研究所に到着です!
会社の正面玄関に到着すると、渡辺社長をはじめとして、社員さん全員集合ーーーかと思われるほどに、たくさんの社員さんたちが小旗をパタパタと振りながら、笑顔で私たちの到着を歓迎してくれています。
嬉しい!!

渡辺社長が会社の玄関で、私たち薬局薬店の一人一人と握手をしながら、会社の中へと迎え入れてくれました。
白を基調とした清潔感溢れる社内です。

早速、上の階に上ると、そこは広々とした会場になっていて、私たちはそれぞれ指定された席に着きます。
一つのテーブルに4人ずつです。この単位で、後から会社の中を見学してまわるのだそうです。

まず最初に、渡辺貢社長のご挨拶から始まりました。

ワタナベオイスター研究所の創設者であり、会長でもいらしたお父様の渡辺富雄さんのお話から始まります。
残念ながら104才ですでに亡くなられているのですが、亡くなる直前まで本当にお元気だったそうですよ。
社長曰く、元気に亡くなっていったと。理想的ですよね。

当然ながら、長年に渡ってワタナベオイスターを服用されてたいたそうです。
私は、何年か前に旧社屋の時の工場見学の際に、お会いしたことがありました。
とっても優しくて笑顔がチャーミングな会長さんでした。私は密かに“トミー”と呼んでおりました。(笑)

さて、その富雄会長が戦争に行き、戦闘中に、一人の軍医さんを助けたんだそうです。
そして、野戦病院でその軍医さんと色々なことを話し合ったとのこと。
好き嫌いの多い人は、戦地での厳しい環境の中で脱落したり、亡くなっていくのを目の当たりにし、その軍医さんと相談したそうです。

その結果、「牡蠣が良い!!」ということになって、富雄会長は、「これをいつか世に出したい!」という志を持ったそうですよ。栄養豊富で、しかもみんながいつでも手軽に摂れるもの、それが「牡蠣肉エキス ワタナベオイスター」誕生のきっかけだったそうです。素晴らしいですね!

 
≪第3話 まず研究棟の中を見学しま~す≫

次は、渡辺社長の企業理念のお話に続いて、会社のDVDを観る時間です。
これによって、ワタナベオイスター研究所のことが大まかにわかるような内容になっています。
これを観ておいてから、後で、実際に研究棟や製造している工場や、品質管理室など社屋の中を案内してもらいます。

ワタナベオイスター研究所では、牡蠣のエキスを抽出する方法を独自に開発して、「健康食品GMP基準」という、とても厳しい基準を、全国に先駆けて取得したそうですよ。東京ではワタナベオイスター研究所が初めてだったとか。

製法は「減圧濃縮抽出法」というもので、2度抽出するんだそうです。
そして、いろんな部署で製品の試験をしています。
例えば、錠剤が溶ける時間や硬度を確認したり、生菌を調べたり。
また、生産管理課という部署は、湿度、温度をきちっと管理されたクリーンルームで行われ、他にも物流管理課や、学術部もあります。

さて、DVDの鑑賞が終わると、いよいよ4~5人のグループごとに分かれて、社内を案内していただきます。
最初はまた1階に降りて、用意されていたドナルドダックの足のような可愛いサンダルに履き替えて、隣の建物の研究棟へ移動します。

まずは、総合分析室とオイスタールームから見学です。
ガラス張りの部屋の中には私たちは入ることができませんが、室内にいらっしゃるパリッとした清潔な白衣を着た研究員の方々がマイクで丁寧に説明をしてくれます。

総合分析室には、LC‐MS/MS(エルシーマスマス)という精密な分析機器があり、これによって天然物である牡蠣の中に含まれる成分を分析して調べたりしているそうです。ワタナベオイスターに含まれる重要な成分の一つである、活性酸素を消去する働きを持つ「DHMBA」もこれによって発見され、第39回日本睡眠学会で渡辺社長がそれについて発表し、その演題がベストプレゼンテーション賞を受賞されました!
LC-MS/MSでは、「DHMBA」の濃度を測定したりもできるんだそうです。

さらには、マルチラベルリーダーと、原子吸光分光光度計という機器もあり、亜鉛などの微量元素を測定しているそうですよ。ここでは、オレンジ色に輝く亜鉛の炎を見せていただきました。

オイスタールームでは、実際に水槽でマガキの飼育をしています。ここでは北海道の牡蠣を使っているんだそうです。
水温を15℃の保ち、牡蠣の生態と生理作用を研究されています。そこにあった緑色の液体は、牡蠣のエサなんだそうです。牡蠣はプランクトンなどを食べてるんですって。


≪第4話 細胞培養室から品質管理室まで巡ります≫

さて次は、細胞培養室へ移動です。
ここでは、血液脳関門モデルを使って、細胞レベルでの研究を行っています。

ワタナベオイスターの大きな特徴の一つとして、活性酸素を消す力が大きい新規抗酸化物質「DHMBA(ディーバ)」が含まれていることが確認されています。
そして、この細胞培養室で行われた、血液脳関門モデルを使った実験において、そのDHMBAがちゃーんと脳の中に入ることが確認できたのだそうですよ。
これは凄い証明ですね!脳の中に入ってこそ、その働きが活かされますもんね。
この部屋には、他にも、位相差顕微鏡というのを使って、細胞を生きたまま観察したりしてるそうですよ。

さあ、では次へ参ります。次はプランクトン培養室です。
ここでは、牡蠣のエサである食物プランクトンの研究をしています。
食物プランクトンの濃度を求めたりなど、牡蠣にとって最適なエサを研究している場所でした。
牡蠣にも人間と同じように好き嫌いがあるんでしょうかねぇ。(笑)
栄養豊かな牡蠣に育つにはどんなエサが良いのかという点は、確かに大事ですね~。

さて、この研究棟での最後は、品質管理室です。
ここでは、崩壊試験、水分試験、重量試験、硬度試験、生菌試験などを行っています。

崩壊試験は、製品となったワタナベオイスターの錠剤が、実際にどの程度の時間で溶けるのかを機器で調べています。崩壊時間を計測して、基準の時間内にちゃんと崩壊していることを確認するんだそうです。
次の水分試験はワタナベオイスターの錠剤に含まれる水分量を測ります。水分が多いと品質が悪くなったりするので、大事な試験なのですね。
重量や硬度もしっかり試験をして調べます。ひと粒ひと粒にきちんと責任を持って作られているからこその試験ですね。

生菌試験は、製品に菌が付着していないかを調べる試験です。
安全な製品を届けるために品質管理が徹底されているのがよくわかりました。

以上で、研究棟での見学は終了し、本社屋に戻りま~す!次は何があるのかな~~。
もう少し時間に余裕があったら、もっとじっ~くり見たいな~と名残惜しい気持ちですが、研究棟の皆様、ありがとうございました~♪

 
ページ最上部へ