ワタナベオイスター セミナー情報 セミナー情報

ワタナベオイスターの関連情報

ワタナベオイスターセミナー【ストレス・睡眠編より】

不安障害やうつ、パニックなどの精神的な病気が、栄養素の不足とも関係していると言われています。

それに関してのセミナー資料として、「最新精神医学2008」に、新宿溝口クリニックの溝口 徹先生が『不安障害・パニックと栄養アプローチ』と題して、執筆されたものが載っていましたので、一部をご紹介致します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
(1)脳の機能と栄養

≪血液脳関門とアミノ酸≫

脳の機能は、外界の条件に左右されることが無いように多くの防御機構が働いている。毛髪や頭蓋骨による外力からの防御、体血圧と頭蓋内圧との関係などとともに、血液脳関門が存在する。

脳が活発に成長している幼少時には、不用意に、脳に対して不都合な物質を口にする可能性が高い。
また成人においても、残留農薬などに代表される有害物質を摂取する可能性は常に存在する。

これらの脳にとって有害な物質が、直接血液から脳へ送り込まれることは大きな問題である。
また脳内において重要な機能をもつ神経伝達物質の多くは、腸管や末梢神経などにおいても存在し、生理活性を有している。

これらの脳以外で生合成された生理活性物質の影響を脳が受けることも、健全な脳の機能を維持することを妨げる。
例えば、抑制系の神経伝達物質であるGABAが含まれたチョコレートを食べることによって脳内のGABA濃度が上がることはない。

 ​★★★

(2)脳内における神経伝達物質の生合成

通常、細胞内でタンパク質が合成されるのは、DNAが存在する核の周辺である。
神経細胞においても同様に核周辺で合成されたタンパク質を、軸索を通して神経終末まで輸送する軸索輸送というシステムが発達している。

しかし、様々な条件に敏感に反応しなくてはならない神経伝達物質の生合成は、このシステムでは対応が困難である。そのため、神経伝達物質の生合成は、主に神経終末部で行われている。

つまり神経伝達物質の材料となるアミノ酸などは、食物として摂取し、脳血液関門の各種輸送系を通して取り入れた後、主にグリア細胞によって神経終末へ供給されるのである。

神経終末には軸索輸送によって運ばれてきた各種酵素が存在し、グリア細胞によって供給されたアミノ酸と反応し、神経終末部において神経伝達物質が生合成される。

このとき、神経終末に存在する各種酵素には、それぞれ補酵素や補因子が存在する。
この補酵素や補因子の存在がなければ酵素活性は不十分であり、神経伝達物質の生合成の障害となる。

上記のように脳内神経伝達物質のインバランスの補正には、脳血液関門を介したアミノ酸の供給、合成に必要な酵素の存在、酵素活性を左右する補酵素や補因子などが充分に存在することが必要になるのである。



ワタナベオイスターの詳しい情報はこちら
ページ最上部へ