スタッフ倶楽部 2019年5月

「平成最後の大相撲3月場所」木島裕子より

大相撲 取組大相撲こんにちは~春がやってきました。そして、もうすぐ元号が新しくなりますね。
そんな平成の最後の大相撲3月場所に、初めて行って来ました。優勝は白鵬に決まり、優勝インタビューの際には、会場のお客さんと共に平成最後の場所を三本締めで締めくくってましたね。
さて、初めて会場に入って、まず思ったのは「広っ」でした。土俵がはるか下の方に見えます。お芝居でも音楽でも、もちろんお相撲も、ライブはやっぱり良いですね~テレビではわからなかったことが、その場にいると「へ~~っ」ってわかったりします。きょうはお相撲の取組以外のそんなお話をちょっと。

まず、土俵下で座って順番を待っている場所がありますよね?そこには、お座布団が置いてあるんですが、幕下のお相撲さんたちの場合は、誰がそこに来ても同じお座布団に座るんです。
ところが、幕内力士になると、マイ座布団があって、それを付け人さんが、肩の上に担いで運んでくるんです。そして、それを呼び出しさんが受け取って、前のお相撲さんのものと置き換えるんです。いろんな色で、しかもメッチャ分厚くてふっかふかな感じ。あ~、こういうとこも幕下と幕内では違うんだ。

懸賞旗そして、私が一番ウケたのは、いろんな懸賞旗を持った呼び出しさんたちが、土俵の上をグルグル回る時の場内アナウンスです。あれって3本出すと、コメントを3回言ってもらえるらしい。
テレビ中継の時は、そのアナウンスが、テレビから聞えないように、NHKのアナウンサーと解説の北の富士さんとかが、わざと喋るんですよね。でも会場にいると、その懸賞のアナウンスがものすご~くよく聞えます。
永谷園は、いつも3本くらい懸賞立ててますよね。そうすると、1本目は「味一筋、お茶漬け海苔の永谷園」2本目は「鮭茶漬けの永谷園」3本目は「たらこ茶漬けの永谷園」というフレーズが、場内に響き渡るんです。メッチャ笑える。
もし4本目があれば、「ワサビ茶漬けの永谷園」、5本目は「あなたと食べたい鮭茶漬け」とかになるんでしょうか(笑)。今度行ったら録音したいくらい。

力士クッキー兵庫県芦屋市出身の貴景勝は、勝ち越して、いよいよ大関になりましたね次の場所も楽しみです。
今回のお土産に力士クッキーを買い、裏口で出待ちまでしちゃいました。元稀勢の里の荒礒親方がちょうど出てきてファンに囲まれてましたよ。楽しかった
ページ最上部へ