スタッフ倶楽部 2021年1月

「西宮神社えべっさんに初詣」木島裕子より

マスクで初詣令和3年初めてのスタッフ倶楽部です。本年もどうぞよろしくお願い致します。
さて、皆様、年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか?
私は2日に初詣にちょこっと出かけました。このご時勢なので、近場で空いている所と思い、西宮神社「えべっさん」に参拝してきました。
何年か前の三が日に訪れた時、びっくりするほど空いていたんですよ。ガラッガラ!(笑)なんせ、ここは十日えびすが有名で、「9、10、11」の3日間は物凄い人手ですからね。お正月の三が日は案外空いているんですよ。私、あの有名な福男選びの開門神事(今年は中止でしたけどね。)が好きなんです。開門の時のドーンというお腹に響く太鼓の音が大好き変でしょ?(笑)

逆さ門松さて、初詣に行った日のことに話を戻しますと、これが意外や意外、思ってたよりも人出が多い。やはり皆さん、私のように遠出は避けて、近場にされたんでしょうかねぇ。誰しも考えることは同じかしら。まあ、人出が多いと言っても、例年の十日えびすの時に比べたら可愛いもんです。拝殿の入口横に珍しい門松が飾られていました。「逆さ門松」です。松が上向きではなく、わざわざ「下」に向けてあるんです。昔、神社の門前町に住む人々が、十日えびすの宵宮に、えびすの神様が馬に乗ってお通りになる時に、家の前の門松の枝がはみ出して神様のお通りの邪魔にならないよう、わざわざ下向きに、付け替えていたという優しい心遣いの風習があったんだそうですよ。

大吉さて、拝殿でのお参りは、後ろから押されたりもせずにゆ~っくりとできました。まずはこうしてお参りに来させていただけたことに感謝。健康に感謝。そして、今年はぜひ流行り病の感染が収束するようお願いし、後でおみくじを引くと、大吉やった~~~過去に、この神社で”凶”を三連発で引いたことがある私としては、幸先の良い1年の始まりです。

今年は初詣で、病気の流行が収まりますようにと、ほとんどの人が‌お祈りしていることでしょうね。日本中のこの祈りが大きな大きな光となって神様に届くといいですね。皆様の未来が明るく輝きますように

「山下洋輔さんのコンサート」夏苅より

ピアノ演奏皆様お元気でしょうか
私も絶対流行り病にかかるもんかの気持ちで不自由を感じながら暮らしています。
大好きな演劇もコンサートも我慢の日々ですが、それも仕方ないことと思っていました...が...昨年12月中旬に私の大好きなJAZZピアニストの山下洋輔さんのコンサートが西宮であると知り行きたいけどどうしようと迷いに迷いましたが、78才の山下さんが東京から来るんだから会場も万全の対策をしていると信じて芸術文化センターへ行きました。

スタンディング大ホールの中は6割程度のお客さんです。演奏が始まると涙が出そうになりました。幸せな時間でした。他のお客さんも同じ気持ちのようで万雷の拍手でした。今、また自粛の毎日ですが、あの時の素晴らしい演奏を思い出し余韻に浸っております

「食器の福袋」長澤より

パソコンで注文毎年新年のニュースで早朝より百貨店などに福袋購入の為に寒い中行列が出来ている中継をよく見ていましたが、ここ数年はインターネットで福袋の予約販売を受け付けている所も増えてきましたね。
そこで今回、私もインターネットで福袋を購入してみました!
とりあえず失敗が無さそうな食器の福袋にしました。年末にパソコンでポチッと注文すると新年に自宅へ届くそうです。内容はシルエットでなんとなくわかる感じです。
到着までワクワクしていると
福袋の食器新年に入り到着しましたキャーステキ欲しかったシリーズでは無かったのですが、色合いもかわいく北欧の風景が浮かびました(笑)食器はすべてペアになっていて使いやすそう。購入して良かったと思っていると主人よりその食器はIKEA?ニトリ?といわれてお値段はお口チャックにしました(笑)

「楽しいパン作り」宮本より

パン生地私が今1番ハマっていること、それはパン作りです。
強力粉、塩、砂糖、ドライイースト、ぬるま湯を量り入れ、こね始めるのですが、最初は生地がまとまらず、ベチャベチャと手にまとわりついてきます。でも、それに負けずに、こね続けていると1つの生地になってきます。この段階でバターを加え更に10分程こねると生地の表面が美しくなります。

チーズパンバラバラだった材料が1つの美しい塊に変化していく工程が楽しくて楽しくてイースト菌のいい香りもたまりません。
その後2回発酵させ焼き上げるのですが、これまたいい香りが部屋中に漂います。あー幸せ💛
焼き立てのパンは、どの高級食パンよりも美味しいんです(←自画自賛
今日はチーズを混ぜて焼こうかな。食べ過ぎ注意ですわ(笑)
ページ最上部へ