スタッフ倶楽部 vol.76 2021年9月

「淡路島でのひと時」木島裕子より

こんにちは~♪夜には虫の音が聴こえるようになってきました。8月の初めころですが、友人と車でドライブしようという話になり、淡路島まで行ってきました。淡路島には今まで何度か足を運んだことはありましたが、浅瀬の砂浜で海をゆっくりと眺めるようなことはあんまりなかったなぁと思い、よしっ、こんな時にはいいかも!と出かけてみました。
 
淡路島 海水浴場そこは海水浴場だったのですが、人は少なかったですね。でも水着で泳いでいる人もいましたよ。私はさすがにもう水着姿はちょっと人様にお見せする自信もないし…と思いながら(笑)、楽し気に遊ぶ子供たちや、海の風景を眺めておりました。私が立っているゴツゴツした岩場のすぐ近くまで海水が来ていて、底が見えるくらい綺麗で、水位は大人のふくらはぎくらいで浅いんです。何気に水中をジーッと見ていると面白いんですよ!名前は知りませんが、小さな魚が何匹も泳いでいます。さらに小さなヤドカリらしき生物もいます。(これがほんとにヤドカリなのかわかんないですが…。)こどもの頃が懐かしく思い出されるようなひと時でした。
ところが……、なにげなくふと足元の先に目を向けると、私の視界に何やら黒いものがササ―ッと見えたのです。「ん?何?」さらに注意して見ていると、平べったくて触覚の長い虫が岩のすき間から出たり入ったり。しかも結構たくさんいる。「ヤダ~~!」もしかしてどこかで聞いたことのある「フナムシ」という奴か!こうなると、美しい景色や、可愛い蟹さんよりも、岩場を動き回る黒い虫が気になって気になって(笑)。そのフナムシらしき虫は、地元で機嫌よく暮らしているのですから全然悪くないんです。初めてやって来たヨソ者(私)に、一方的に嫌われる筋合いもありません。けど私はどうにも苦手で退散することにしました。「ゴメンネ、フナムシ君。」

幸せのパンケーキしかし、帰り道の途中で見つけたお店で、超、超美味しい「幸せのパンケーキ」を食べた私は、逆転ホームランを打ったようにルンルンとご機嫌になったのでした。

「白いキキョウの小さな花に涙」夏苅より

お盆のお参り、時期を少しずらしてひとり知恩院へ行きました。時間帯も朝早い方が良いかと思い出かけました。
白桔梗その日は思った以上に人出が少なくシーンとしていました。少しまわり道をして古美術商がならぶ新門前通りをゆっくり歩いていたら、ショーウインドウに白いキキョウの小さな花が生けてありました。清楚で美しいのですが、じっと見ているとどこか淋しくて涙が出てきました
賑わっていた町が静かすぎてセンチになってしまった柄にもない私でした。
どうか早く、友人達と明るく楽しく京都を満喫出来る日が戻ってきますようにと願うばかりです。

「スマホのプレゼントクーポン」長澤より

私はスマホのプレゼントクーポンがよく当たります。その内容はペットボトルドリンクやコンビニスイーツ ビールなどいろいろな物です。
コンビニ 引き換えは決まったコンビニでスマホの中のクーポンを見せて商品と交換なのですが、少額だけどすごくお得な気分です。
しかし問題があります無料クーポンだけ引き換えるのは少し気が引けます。「あのおばさん また引き換えに来た」とバイト君に思われるのはハズかしい
なので特に必要のない商品を買ったりして結局はお得ではないなと思いながら、またクーポンが当たるのを楽しみにしまーす

「ケルヒャー初体験」宮本より

2週間近く続いた長雨の影響で、我が家の玄関ポーチから道路までの飛石やコンクリート面が、黒く汚れてしまい、見るも無残な状態でした。洗剤を振りかけ、デッキブラシでゴシゴシこすっても、汚れは全く取れません。
ケルヒャーそれを見かねたお隣のご主人様が「精が出ますね。ケルヒャー貸しましょうか」と声をかけてくださいました。
お言葉に甘え、ケルヒャーという名の高圧洗浄機をお借りして使わせていただきました。スゴイですみるみる汚れが落ちていきます。これは楽だし楽しいです。高圧の水の力ってスゴイですね。こんな簡単に汚れが落ちるとは夢中で汚れを落とし気分はスッキリお隣さんに感謝です。長雨の日々の中の素敵な一時でした 
ページ最上部へ