ワタナベオイスター 牡蠣肉エキス

《当店は ワタナベオイスターの正規取扱店です!》

ワタナベオイスターに使われている牡蠣肉は広島県産のみです!
3年間丹精込めて育て上げられた大粒の牡蠣肉のみ使用しております。


疲労回復・良い眠り・お肌のトラブルに!

妊活されている男女に!
妊娠中、授乳中のママに!

 

オイスター分包タイプワタナベオイスター     85粒      ¥6,800(税抜)
   160粒     ¥12,000(税抜)
   300粒     ¥21,000(税抜)
   600粒     ¥40,000(税抜)
分包タイプ
  6粒×30包 ¥13,500(税抜)
オイスタードリンクオイスター顆粒顆粒タイプ      ¥7,800(税抜)
ドリンクタイプ    ¥1,000(税抜)
ゼリータイプ
      30包     ¥13,500(税抜)
      60包     ¥25,500(税抜)
 
 ★お身体のお悩みや
今のご自分の症状にワタナベオイスターが合うかどうかなど
何でもお気軽に
お問い合わせください

 
ワタナベオイスターを飲んだお客様の喜びの声が
続々と届いています!!

WOお客様の声

 

商品説明

ワタナベオイスターは、「栄養素の宝庫」といわれる春の新鮮な国産の“生牡蠣”を原料から吟味し、牡蠣肉中の微量元素などの栄養素を有効的に抽出、濃縮した、日本唯一の「活性型牡蠣肉エキス」です。

現代人は糖質・脂質・たんぱく質は十分すぎるほどとっていますが、ミネラル(亜鉛・セレン・カルシウム・クロムなど)、
ビタミンなどは慢性的に不足傾向にあります。

ワタナベオイスターには、グリコーゲン、ムコ多糖体および必須アミノ酸をはじめ、現代人に不足がちな鉄、亜鉛が含まれ、さらに必須微量元素のセレン、クロム、コバルトなどの天然ミネラルがバランス良く含まれています。
ビタミンについては、9種のビタミンがバランス良く含まれている、非常に優れた栄養補助食品です。

私たちは食べた物からエネルギーを作って生きています。その代謝過程で、ミネラルやビタミンが絶対に必要です。
ですからミネラルやビタミンが不足していると、せっかく食事を摂ってもきちんとエネルギーが作られません。
そうすると、体温が低くなったり、疲れやすくなったり、やる気がでなくなってきます。

また、亜鉛、セレン、銅は女性ホルモンの分泌にも関係していますから、これらが不足することは女性の体にとっても良くありません。

食事からだけでは不足がちな栄養補給に、ぜひワタナベオイスターをご活用下さいませ。
お子様からご年配の方まで、安心してお飲みいただけます。


・食生活が不規則で、偏食がちな方
・いつも元気で過ごしたい方
・お肌が気になる方
・妊娠授乳期の方
・忙しくていつも疲れている方
・お酒をよくお飲みになる方

牡蠣肉エキスを飲んだお客様の声

薬剤師木島の牡蠣肉エキス関連情報!

◆亜鉛について
 
牡蠣は海のミネラルをたくさん含んでいます。
ミネラルとは、人間の身体にとって必要不可欠な微量栄養素のことです。そのミネラル成分の代表として、よく知られているものに「亜鉛」がありますね。牡蠣は食品の中でも特に「亜鉛」を多く含んでいます
では、「亜鉛」は私たちの身体の中でどんな働きをしてくれているんでしょう。ひとつずつお伝えしていきますね。

(1)酵素の働きを助ける

私たちの身体はたくさんの酵素によって新陳代謝が行われています。
細胞の古いものは壊れ、新しい細胞が合成されますね。すべての細胞の元であるタンパク質や、DNAやRNAなどを作る時には酵素が必要なんです。でも、酵素だけあってもダメ。酵素の働きを潤滑に進めていくのに「亜鉛」が必要なんです。
つまり、酵素は「亜鉛」が不足していると、ちゃんと働くことができません。まるでエンジンのない車のようなものです。見かけばかりで動かない。
だから新陳代謝を良くするには「亜鉛」などのミネラルを摂っておくことが大切だということですね!

(2)味覚を正常に保つ

私たちが味を感じるのは、舌に味蕾細胞というものがあるからです。
味蕾細胞が食べ物を感知し、神経を伝って脳へ信号が送られ、脳が「甘い」とか「辛い」などの味を感じます。
ところが、「亜鉛」が少ないと、この味蕾細胞の再生が悪くなり、味蕾細胞の数が減ってしまいます。そうすると、「食べたものの味が薄い」「味がしない」「以前の味と違う」というような状態になります。これが味覚障害というものです。私たちが食事を美味しい!と食べられるのも「亜鉛」の存在のお陰ですね。ダイエットや偏った食生活の場合、「亜鉛」不足になりやすいので気を付けてくださいね!

(3)女性ホルモンの分泌を活性化させる

女性ホルモンは、女性の体に大きな役割を果たしています。
ことに、妊娠するためには女性ホルモンがしっかりと分泌されることが必要です。代表的な女性ホルモンには、卵子を成長させていく役目の「卵胞刺激ホルモン」や、黄体を発育させていく役目の「黄体形成ホルモン」がありますが、これらのホルモンは「亜鉛」などのミネラルが不足していると働きが弱ってしまいます。
すると、卵胞の成長が悪くなる、黄体が形成されにくくなる、内膜が厚くならないなど、妊娠しにくい体になってしまいます。
赤ちゃんが授かりたい女性は、「亜鉛」不足にならないよう気をつけましょう!
 
以下 2018.1.26 追記

(4)男性の生殖機能を発達させる

成人男性の精液中には「亜鉛」がたくさん含まれており、健康な精子の中にも「亜鉛」が多く含まれています。
「亜鉛」が不足すると、精子の数が減少したり、運動率が悪くなったりします。また、男性ホルモンの維持にも「亜鉛」が大切な働きをしており、その結果、男性の性機能とも密接に関係していると言われています。男性不妊でお悩みの方や、精力減退が気になる方は、「亜鉛」を積極的に摂ると良いですね!

(5)活性酸素を抑える助けになる

90%以上の病気は活性酸素によって起ると言われているほど、病気と活性酸素の関係は深いものです。また、老化や寿命にも活性酸素は影響していると言われています。
活性酸素とは、通常の酸素よりも酸化力が強く毒性が高いのです。
良い働きとしては、体内に侵入してきた細菌をやっつけたりして、人間にとって必要なものではあるのですが、これが過剰にあると、細胞や組織を傷つけてしまいます。そして病気へとつながっていきます。
 
しかし、体内で活性酸素が発生するのは避けられません。
でもうまくできていますね。人間の体内にはちゃんと、この活性酸素を消すための抗酸化酵素(SODやグルタチオンペルオキシダーゼ)が存在しているのです。
そして、(1)でお伝えしたように、実はこの抗酸化酵素にも「亜鉛」が必要なんです。
「亜鉛」が不足していると、抗酸化酵素がしっかり働けず、過剰な活性酸素がどんどん増えてしまいます。これでは困りますね。
活性酸素を抑えて、健康な身体を維持しましょう!

アザレア

薬剤師木島の牡蠣肉エキス関連情報!セミナー編

2月18日、ワタナベオイスターの関西セミナーに参加してきました。
お勉強してきたことを一部ご紹介しますね。

牡蠣は昔から食べられてきたし、牡蠣肉が身体に良いことは日本人なら皆さんご存知ですよね。
その昔、中国の学者さんが編集した「本草綱目」という書物にも、なんと「牡蠣肉」のことが載っているそうですよ。こんなことが書いてあります。

「牡蠣肉は煮て食すると、虚無感、心理的な患いを癒し……」

凄いですよね!
そんな昔から牡蠣肉は、虚無感、つまり鬱っぽい心の状態を癒すことができるとわかっていたんですね。
牡蠣肉を食べると気持ちが明るく前向きになるということですね!

また、古代ローマの賢人・セネカという人は、こんな言葉を残しているそうです。

「カキは身体に良い食べ物で、食欲を刺激し、消化を助け、幸福感をもたらす」

ここでも、「幸福感」という、気持ちを現す言葉が使われています。
実際、牡蠣肉を食べた人が幸福感を感じたのでしょうね。
科学がそれほど発達していない時代でも、人が自分の体や心の変化を感じ取ることで、牡蠣肉の効果は知られていたんでしょうね。


さて次は科学的なお話です。

ワタナベオイスター研究所は、社長さんが医学博士でもあるため、社名の通り大変研究熱心なんです。
研究結果を論文にして、学会発表もされています。
昨年(H29年)には、日本未病システム学会で、優秀演題賞を受賞されたんですよ!

その時の演題は「酸化ストレス雌ラットに対するマガキ軟体部由来の新規抗酸化物質のHPA軸、HPG軸と性周期への影響」でした。


さて、活性酸素が酸化ストレスとなっていろんな病気の原因の一つだということは、以前から知られています。その活性酸素を直接消去することができる新規抗酸化物質がワタナベオイスターの中に存在していることは以前のセミナーでも言われていました。

その新規抗酸化物質の特徴は、水にも溶けるし、油にも溶けるということです。
これを「両親媒性」と言います。

その特徴のお陰で、脂溶性である細胞膜にも入り込むことができるし、親水性である細胞質にも入っていけるという優れものの新規抗酸化物質です。幅広い働きで凄いですね!!

おまけに、血液脳関門というバリアを通り抜けて、脳の中にまでちゃんと届くことも研究によって証明されています。

これまた凄い!!これが大活躍してくれるんですよ。

脳内に過剰な活性酸素が発生することによって酸化ストレスが起きて、その結果、神経伝達の機能が低下し、脳疲労が起きると言われています。

ですから、脳疲労を予防するのには、脳内までちゃんと届くと証明されている新規抗酸化物質を日頃から摂っておくことがとっても大事ですね。

最新の研究により、牡蠣エキスが活性酸素を消す方法が、今までわかっていたもの以外に、新たに三つ目の方法が解明されたんです!

凄いですね!そして、それを発見したワタナベオイスター研究所の社長さんや研究員さんたちも凄いですね。

いくつもの手段を持つ新規抗酸化物質は私たちの体の中の過剰な活性酸素を消してくれる頼もしい成分ですね。
続きはまた次回。
2018.2.2 記
           紫陽花     
                        
さて、前回の続きです。

前回は、牡蠣肉エキスが活性酸素を消す方法が3つあることがわかったというお話をしました。
以下の3つです。

(1)ミネラルが抗酸化酵素の働きをしっかり支えることで活性酸素を消す方法
(2)新規抗酸化物質が直接、活性酸素を消す方法
(3)新規抗酸化物質が、「抗酸化酵素を作りなさい」という指示を出すことによって、間接的に活性酸素を消す方法

また、その新規抗酸化物質について、高い抗酸化効果はあっても細胞に対して毒性を持っていては困りますから、安全性を確認する細胞毒性試験もしっかりされています。
その結果、非常に安全性の高い物質であることが判明しました。
これなら安心して服用を続けていけますね。

さて次に、ストレスと脳内の活性酸素についてです。

人間にはもともと、緊急事態が発生した場合、コルチゾールというホルモンが副腎皮質からバーッと出て、その緊急事態を乗り切れるようにできています。

例えば、目の前に急に熊がが現れたとしたら、人間は身体のシステムを総動員して逃げようとしますよね。
こんな時のように一時的に力がワッと出るのは、このコルチゾールが分泌されるお陰なんです。
火事場の馬鹿力なんていうのはその最たるものでしょうか。

でも、熊から逃げることができたらもうコルチゾールの分泌は減っていってもいいんですよ。というより減らないといけないんです。
正常な脳内では、ちゃんと「コルチゾールの分泌をもう減らしてね~~!」というブレーキ指令が出るようになっています。

ところが、このコルチゾールが必要のない時にまで過剰に分泌され続けてしまうことがあります。
“慢性的なストレス”がかかった時です。
この時は脳内に活性酸素がたくさん出ているために、海馬からの「コルチゾール分泌を減らしてね~」というブレーキ指令が減少してしまいます。

指令が来ないから、当然、コルチゾールが出続けますよね。
コルチゾールは別名、ストレスホルモンとか、うつホルモンとか呼ばれます。
必要じゃないときに過剰に出るのは困りもんなんです。

では、過剰に出続けないようにちゃんとブレーキがかかるようにするにはどうしたらいいのでしょう。

脳内や海馬内の活性酸素を消して、正しくブレーキ指令が出るようにしてあげたらいいんですね!
そこで、新規抗酸化物質が役に立つわけです。
慢性的なストレスを感じている人は是非、牡蠣肉エキスを飲むと良いですね。

続きはまた次回。
2018.3.8 追記
梅

【牡蠣肉エキス 疲労編】

「あ~、きょうは忙しくて疲れた~」
「よく寝たはずなのにすっきりしない」
「朝がつらい、起きたくない」
「疲れが積もり積もって抜けない」

あなたもこんなことを感じたご経験はありませんか?
疲労の原因は『過剰な活性酸素』だということがわかってきました。

活性酸素は私たちの体にとって必要なものなんです。細菌が体に侵入したときに白血球が攻撃しますが、その時に白血球が出す武器が『活性酸素』なのです。
このように、人間にとって必要ではあるのですが、過剰に発生すると逆に自分の細胞を傷つけてしまいます。そうすると、本来の細胞の働きが弱り、細胞の中にある「ミトコンドリア」というエネルギー産生工場でエネルギーをたっぷりと作ることができなくなります。
その結果、各臓器の働きも悪くなり、しんどい、だるいなど疲労感を感じるようになるのです。

では、その疲労を解消するにはどうしたら良いのでしょう?
そうです!過剰な活性酸素を消していけば良いのです。
活性酸素を消すには大きく分けて二つの方法があります。

(1)もともと体内にある「活性酸素を消去する酵素」の力を強める。
(2)食品として「抗酸化物質」を摂取する。

そこで牡蠣肉エキスがお役に立つわけです。

活性酸素を消す酵素がきちんと働くためには亜鉛、銅、セレンなどのミネラルが必要不可欠なのですが、そうしたミネラルを多く含んでいるのは牡蠣だからです。
また、ワタナベオイスターには抗酸化物質のCG7が含まれていることがわかっています。つまり牡蠣肉エキスには活性酸素を消すための方法が二つとも備わっているのです。
昔から、牡蠣を食べると元気になるというのは経験的にみんな知っていました。
それが科学的に解明されてきたということですね。

【牡蠣肉エキス 肝臓編】

《肝機能障害》

肝機能を表す数値の一つとしてAST(GOT)、ALT(GPT)がありますね。
これは肝臓の細胞の中に入っている酵素のことなんです。肝臓の細胞が何らかの原因で壊れると、中に含まれていたこれらの酵素が血液中に漏れ出ます。それを指標にして、肝臓の細胞がどのくらい壊れているかがわかるわけです。

壊れたところはサッサと修復しないといけません。
細胞はタンパク質でできていますから、修理するにはタンパク質を作る必要がありますね。

まず、タンパク質というのは、アミノ酸というものがいくつか結合して作られているのですが、その製造過程で「酵素」がそこに働きかけます。ところがなんと、その酵素はミネラルの『亜鉛』が不足しているとうまく働くことができなくて、タンパク質がササッと作られないのです。
『亜鉛』て重要ですね~!
『亜鉛』が十分にあれば、酵素もしっかりと働けて、タンパク質をどんどんじゃんじゃん合成してくれます。つまり、肝臓の細胞を修復して肝機能の数値を良くするには『亜鉛』が絶対に必要不可欠なのです。
天然物の中で『亜鉛』が多く含まれるものの代表が牡蠣ですね。
ですから肝機能が気になる方には牡蠣肉エキスをおススメします。


《二日酔い》

さて、お酒が好きな方は二日酔いのご経験ありますよね?
あんまりお酒がお好きじゃなくてもお付き合いでお酒を飲む機会が多い場合もあるかもしれません。

アルコールが体に入ると、これを分解しようとアルコール分解酵素が働き始めます。このときも『亜鉛』は重要な働きをするのですが、アルコールをたくさん飲むと『亜鉛』の尿中への排泄量が増えてしまって、血液中の『亜鉛』は少なくなります。
その結果、アルコール分解酵素がちゃんと働けず、アルコールが分解されずに血液中に残ります。
それでいわゆる二日酔い状態になるわけです。
ですから、お酒を飲む前、飲んだ後には『亜鉛』たっぷりの牡蠣肉エキスを飲んでおくといいですよ。
翌日にダメージを残さず楽しく美味しくお酒が飲めるのはいいですよね!

《肝硬変》

肝臓は、ウィルスや過剰なアルコールなどが原因で発生する活性酸素によって慢性的な炎症が起こり、肝臓の細胞が線維化していきます。それがどんどん進んでいくと肝硬変という状態になってしまいます。
この状態になると、肝臓の細胞はカチカチに硬くなってもう再生しません。
この肝硬変になった部分が肝臓全体の中で多くなれば、当然肝臓の働きそのものも低下してきます。
こうなる前に肝臓を守りましょう。

そのためには過剰な活性酸素を消去しなければいけません。
活性酸素を消去するための抗酸化酵素がしっかりと働くには『亜鉛』『セレン』『銅』などのミネラルが必要です。牡蠣肉エキスにはこれらのミネラルがたっぷりと含まれています。
さらに、牡蠣肉エキス・ワタナベオイスターにはCG7という抗酸化物質が含まれていることが証明されているからです。肝臓を守るには最適ですね。

【牡蠣肉エキス 眠り編】

「長い時間寝たはずなのに朝スッキリしない」
「朝からしんどい」
「朝、なかなか起きられない」
「ぐっすりと眠ってみたい」
「眠りが浅くて夢ばかり見る」
「夜中に何度も目が覚める」
「朝早くに目がさめてしまう」

このように満足な眠りが得られないのは本当につらいですね。
これでは前日の疲れも解消しませんし、朝から元気が出ません。
また「今夜は眠れるかなぁ」と妙に意識してしまって、だんだん夜寝るのが恐くなってきたりします。

では、どうしたらぐっすりと質の良い眠りが得られるのでしょうか。
大きく分けて次の2つのポイントがあります。

(1)脳内の「睡眠物質」を増やすこと。
(2)脳内の活性酸素を減らすこと。

(1)まず「睡眠物質」ですが、これにはGABA、アデノシン、プロスタグランジンD2などがあります。
これらが脳内で不足していると、覚醒中枢を抑えることができないため、目が冴えて本来眠くなるはずの時間でも眠くなりにくかったり、眠りが浅くなったりします。
GABAやアデノシンは、ブドウ糖、アミノ酸から作られるのですが、その途中過程で「亜鉛」「セレン」「銅」「ビタミンB12」などの
ミネラルやビタミンが必要です。従って、こうした微量の栄養素が不足していると「睡眠物質」がたっぷりと作られず、その結果ぐっすり
眠れなくなります。

【牡蠣肉エキス 妊活編】

最近嬉しいご報告が次々と増えています
妊活男女へ

婦人宝と併用するとさらに良い結果が期待できます
他にも症状に応じて妊娠率が上がる漢方薬もございます
お気軽にご相談下さい

牡蠣肉エキス ワタナベオイスター ファンの声

オイスターの声2オイスターの声3

店舗外観180

<漢方薬局>
トーユーファーマシー

〒665-0033
宝塚市伊孑志3丁目6-25
TEL:0797-77-9900

【営業時間】
月・火・木・金(9:00~19:00)
水(9:00~12:00)
土(9:00~17:00)

【休業日】
日・祝日

ページ最上部へ