子宮内膜症 column

子宮内膜症によるツラ~イ痛みを解消!

《子宮内膜症は瘀血が関係》

最近「子宮内膜症」のご相談がとても増えています。子宮内膜は子宮の内側を覆っているものですが、それが本来の子宮の内側以外の場所にもできてしまい、そこでも生理のたびに出血と癒着を繰り返します。それが「子宮内膜症」です。
出来やすい場所は、子宮の表面、卵巣、卵管など骨盤内ですが、骨盤の外に出来ることもあるようです。
卵巣に子宮内膜症ができると、生理のたびに内膜症部分から出血しますが、出口がないのでだんだん古い血がチョコレート色になって滞っていきます。これを「チョコレートのう腫」といいます。

子宮内膜症の方は、生理痛がひどいとか、生理時以外にもおへその斜め下あたりやソケイ部がシクシク痛むと訴えが多いですね。胃、お腹
漢方の世界では、増殖性の病気は「瘀血」が関係していると考えます。
「瘀血」というのは漢方独特の考え方で、血の巡りの悪い状態や、それによってできた古い血のことをいいます。

治療としては漢方の当帰、川芎、桃仁、牡丹皮、紅花など「駆瘀血剤」を使って血の流れをよくします。
また冷えも痛みを強める原因なので、下腹部を温めるような漢方も同時に使うことが多いですね。
さらに、4種の生薬エキスを配合したサプリメント「インターパンチS」を併用すると、もっと効果的です。
「インターパンチS」には炎症を抑える働きがあります。

このように漢方薬やサプリメントを併用して治療していくと、つらい痛みが軽減してきます。
また、腫れていた卵巣が小さくなったりすることもあります。
うちの患者さんでも実際5cmに腫れていた卵巣が正常の大きさに改善した例があり、たいへん喜んでいただきました。

単なる生理痛でも漢方はよく効きますよ。お気軽にご相談下さい!

《よく使う商品
芎帰調血飲第一加減 芎帰調血飲第一加減 (きゅうきちょうけついんだいいちかげん)

 
 
 インターパンチSインターパンチ 
   


その他、子宮内膜症でお悩みの方におすすめの商品はこちら

 

ページ最上部へ