花粉症 column

花粉症

《自分でできる対策》

春は花粉症のシーズンです。
毎年花粉症でお困りの方にはつら~いシーズンですね。
今からでもできる対策(漢方薬・サプリメント・生活習慣の改善)をしておいた方が、少しでも楽に過ごせると思いますよ。花粉

さて漢方的に見ると、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどは、すべて体の中の余分な水がうまくさばけない結果、起こるのです。
冬の間に冷たいものや水分の摂りすぎで、体を内側からどんどん冷やしている人が結構多いですね。これがよくないのです!
漢方のこの考え方を日常的な場面に置き換えてみましょう。

喫茶店などでコップに氷の入ったお水がよく出てきますよね?これをちょっと思い出して下さい。
暖かい部屋の中で、しばらく経つとコップの外側に水滴がいっぱいになりますね?つまり人の体も同じで、この水滴がいうならば鼻水です。体内に水分が有り余っていて、しかも冷えている。そして春になって外気は暖かくなる。だから外側に溢れるという原理ですね。

では具体的にどうしたらよいのでしょう?
(1) 水分の摂りすぎを改める。
(2) 体を冷やさない。冷たいものを食べない、飲まない。
(3) 甘いものをやめる。(甘いものは「湿」を生むと言われているからです。)
(4) 漢方薬で体を温めて、余分な水分をさばく。
(5) トーユーファーマシーおすすめの『ルミン』や『インターパンチ』で花粉症の症状が出にくい体作りをしておく。

《よく使う商品
 ※症状の改善には
  小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
  麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)
  荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

☆詳しくは当店にお問い合わせください。
ワタナベオイスターワタナベオイスター




ルミンAルミンA




インターパンチSインターパンチ
  

 

その他、花粉症でお悩みの方におすすめの商品はこちら

ページ最上部へ