低体温 column

漢方で治そう!「低体温」

《漢方で治そう!低体温》

冬になると手足が冷えて辛いという方は多いですね。しかしこんな自覚症状がなくても、平熱が36℃以下の低体温の人が意外と増えています。
「冷えている状態」はただ単にそれだけで終わらず、いろんな困ったことを引き起こします。冷え性

まず、私たちの生命活動に欠かせないものの一つに酵素がありますね。
酵素は消化吸収、エネルギー代謝、解毒など体内のあらゆるところで働いています。この酵素が最も活発に働ける温度は37.2℃と言われています。
これは深部体温ですから、普通に脇の下で測ったときは36.2~5℃くらいが平熱です。
これより体温の低い人は酵素の活性が落ち、内臓の働きも悪くなり病気にかかりやすくなってしまいます。また自律神経の乱れや免疫力の低下も招きます。

白血球のひとつであるリンパ球は、体温が高いほど多いと言われています。
また、がん細胞が増殖しやすい温度は35℃といわれていますから、免疫力を高めるには体を温めることがとても重要になりますね。

さらに生理痛や子宮内膜症、不妊症もベースには「冷え」が関わっています。
というのも、これらの症状は漢方でいうところの「瘀血」が原因となっていることが多いのですが、冷えると血の流れは悪くなり「瘀血」を作りやすい体質になってしまうのです。

こうした低体温の改善に漢方薬やカキ肉エキス『ワタナベオイスター』は最適です!

『補全S』は10種類の生薬が配分された優れた漢方薬で、お湯で割ってお飲みになればすぐにポカポカしてきます!

カキ肉エキス『ワタナベオイスター』は熱エネルギーを作るときに必要なミネラルが豊富に入っています。それによって体温が上がってくるのです。

もちろん生活習慣の改善も大切です。冷たい物の飲食を避け、シャワーではなくちゃんとお風呂につかりましょう。生姜や山椒もお料理に活用してくださいね!
 
《よく使う商品
 
  ワタナベオイスターワタナベオイスター  
 




保全S 補全S                     

 

 

ページ最上部へ