産後の不調・産後うつの漢方薬 Herbal Medicine

産後の不調・産後うつ


産後は、一般的には「赤ちゃんが産まれ、幸せで嬉しくてたまらない毎日」と思われがちな時期ですが、全ての人がこのように順調というわけではありません。もちろん、赤ちゃんが産まれるというのは、凄く幸せなことなんですが、出産は女性にとって物凄く大変なことですし、体の負担も大きいですから、中には産後に調子を崩す人もいます。
出産は出血もあり、血をたくさん使いますから、時間をかけて体を回復させていく必要があります。

ご実家に帰って出産された場合や、ご実家のお母さんが、出産後お手伝いに来てくださる場合は、少し楽ができますが、そういうことができない事情の方もいますよね。
お一人目の時はそれができても、お二人目の時は全部自分でやらなくてはいけないということもよくあります。

調子が悪い場合は、特に、産後はゆっくり休んだ方が良いのですが、赤ちゃんは待ったなしですからね。
お腹が空けば泣きます。
オムツが濡れれば泣きます。
昼夜が逆転して夜泣きをする赤ちゃんもいますね。
やはり赤ちゃんが第一優先になります。当たり前ですけどね。
そうなると、ママはどうしても無理をせざるを得ません。
可愛い我が子のためですから、頑張っちゃいますね。

このように産後の女性は、赤ちゃんの授乳やお世話でなかなかぐっすり眠れず睡眠不足ですし、忙しいです。
自分の体をゆっくり休めることが難しいですから、疲れもたまりますね。

また、初めての赤ちゃんの場合、おっぱいをうまく飲ませられないこともありますし、慣れない抱っこで肩が凝ってくることもあります。なるべく母乳だけで頑張ろうと努力していても、少ししか出ないこともあります。そうなると、ミルクも作らないといけませんね。

初めてのことばかりで、いろんなことが、思っていたよりも難しかったり、理想通りいかないこともいっぱいありますね。
そんなことがいくつもいくつも積み重なっていくと、育児をストレスに感じたり、なんでうまくいかないんだろうと焦ってしまったり…。
赤ちゃんのことは凄く可愛いし、愛おしいのに、気持ちがどんどんつらくなり、涙が溢れてきたり、悲しくなったり。
そんなことありませんか?

このように産後の女性の体や心は、とてもデリケートです。精神的に疲れて“産後うつ”になる方もいます。
昔から、“産後の肥立ち”なんて言葉があるように、女性は産後を特に気を付けないといけません。
ここで無理をすると後々まで響くこともあります。
赤ちゃんのお世話以外のことはなるべく目をつぶって、出来るだけお体を休めた方がいいですね。

こういった産後の不調に対して、とても効果的な漢方薬があります。「芎帰調血飲第一加減」です。
産後の女性の体を整えてくれると共に、精神的な面でも、とてものびやかに楽にしてくれます。
また、補血作用もありますから、出産で消耗した血液を緩やかに補っていってくれます。

あと、産後のお疲れ、授乳中のお疲れには、「牡蠣エキスのワタナベオイスター」がお勧めです。
飲んでいる方は、疲れ方が全然違うとおっしゃいます。
これは母乳の出も良くなりますし、ママを通して赤ちゃんの成長のための栄養にもなります。
また、脳のストレスを和らげて、心身ともに元気にしてくれますから、精神的に疲れてしまった“産後うつ”の方などにはぜひ飲んでいただきたいものです。

最後に、出産後の貧血がひどくてなかなか戻らない方は、アミノ酸製剤の「コンクレバン」がお勧めですよ。
早く回復します。

私自身も女性で、出産経験がありますから、産後の大変さもよく理解できます。
お悩みの方は、我慢なさらず早めにご相談くださいね。
それが赤ちゃんのためにも良いと思います。

よく使う漢方薬やサプリメント

★お気軽にご相談ください。
わからないことはどんなことでも
お尋ねください。 

TEL・FAX 0797-77-9900 
(日曜・祝日と水曜の午後はお休み)
 
お問合せボタン
ページ最上部へ