コンクレバン コンクレバン

コンクレバン肝臓(レバー)を加水分解したアミノ酸の栄養剤

滋養強壮・疲労回復・栄養補給に最適
妊娠中や授乳期にも


 1本    ¥2,900(税抜)
 3本    ¥7,800(税抜)
 
★お気軽にご相談ください。
わからないことはどんなことでも
お尋ねください。

接客されるのが苦手な方、メルマガの苦手な方もぜひお問い合わせください。
メルマガはお送りしておりません。

TEL・FAX 0797-77-9900 
(日曜・祝日と水曜日の午後はお休みです)

お問い合わせフォーム 
 

⇒関連コラム(疲れ・だるさ)はこちら

コンクレバンを飲まれたお客様の声

【56才 女性の方】

私はコンクレバンお客様の声 疲れ交通安全指導員(通称みどりのおばさん)を20年しています。
私はもともと体が丈夫ではありません。仕事を始めたころは、よく疲れ「明日は仕事にいけるかなぁ?」なんて思って、相談したところ、木島先生よりコンクレバンを紹介され、毎朝1杯コンクレバンを飲むようにしたら、仕事を休むこともなく、大きな病気もせず、健康維持し、子供たちの笑顔を見るために今日も出かけて行きます。

2018年9月14日 追記

【60才 男性の方】

0775コンクレバン 元気にコンクレバンは、人の体を動かす潤滑油。
1日1杯飲むだけで、龍馬精神のごとく、元気になります。
我が家では、家族全員飲んで、四季平安。

2018年9月14日 記

コンクレバンをおすすめしたい症状

■寝ても休んでも疲れが抜けない。
■朝からだるい。
■元気が出ない。
■やる気が出ない。
■食が細くて、体力がない。
■下痢しやすく、たくさん食べれない。栄養不足が心配。
■普段、お肉をあまり食べないので、栄養補給をしたい。
■食生活が不規則なので、栄養バランスを考えたい。
■夏の暑さで食欲が低下し、痩せてしまった。
■病気で入院して、退院後、体力が戻らない。
■風邪をこじらせ発熱が続き、平熱になっても食欲や体力が回復しない。
■妊娠中で赤ちゃんのために栄養を補給したい。
■出産時の出血がひどくて、産後の体力が回復せず、育児がつらい。

商品説明

「コンクレバン」は、肝臓を加水分解した成分に、心臓エキスビタミンB群(B1・B2・B6・B12)が加えられた、甘くて美味しい液体タイプの栄養剤です。

液体タイプなので、胃腸に負担がかからず、効き目も早いです。

身体の細胞の元となるアミノ酸がたっぷり入っています。それは、必須アミノ酸8種類を含む、20種類の良質なアミノ酸です。

私たちの身体は、毎日摂取する栄養によって作られています。良質のアミノ酸は、元気な細胞をつくり、さらにはその細胞からできている内臓も丈夫になっていきます。

「コンクレバン」を毎日少しずつ服用していくことによって、元気な身体になっていきます。
ノンアルコール、ノンカフェインですから、お子様から妊婦さん、授乳中の女性でも安心して服用できます。

【効能効果】

●滋養強壮
●虚弱体質
●肉体疲労、病後の体力低下、胃腸障害、栄養障害、発熱性消耗性疾患、産前産後などの場合の栄養補給

【服用方法】

通常、1日量30㎖を2~3回に分けて、随時服用してください。

コンクレバンの各成分について

(1)肝臓加水分解物の働き

コンクレバンの肝臓加水分解物には、20種類すべてのアミノ酸が含まれています。
身体の組織は20種類すべてのアミノ酸を使って作られていますから身体をつくる材料としての働きがあります。

また、摂取した栄養を分解・合成するという肝臓の代謝機能を高めエネルギーをしっかりと作って行けるようにします。
  
さらに肝血流を改善し、肝臓で作られた栄養素を全身にスムーズに送る働きもあります。


(2)心臓エキスの働き

心臓エキスの働きは、心臓の拍動を強くし、拍動するリズムを調整します。
また、心臓の冠動脈を拡張し、酸素や栄養をしっかりと心臓の筋肉に送り込んで、心臓を元気にします。
末梢血管に対しては、これを拡張し、末梢血流を改善します。


(3)ビタミンB1の働き

B1は、体内でエネルギーを作るために行われる糖の代謝の際に必要なビタミンです。
代謝の過程で酵素の働きを助けるので、「補酵素」とも言われます。

これが不足すると効率よくエネルギーをを作れないので、いつも疲れて元気がなく、食欲もなく、胃腸の働きも悪くなったり、筋肉や神経が痛んだりします。
中枢神経や末梢神経の機能をを正常に保つ働きもします。


(4)ビタミンB2の働き

B2は脂質からエネルギーを作り出す代謝の際に必要なビタミンで、B1と同様に補酵素として働きます。
脂質の合成や分解、タンパク質の合成、胆汁酸やコレステロールの合成にも働きます。

これが不足すると、エネルギー不足になり、疲れやすく食欲がなくなったりします。
また、皮膚や髪の毛、目や爪、粘膜の健康にも大切なビタミンなので、不足すると、皮膚や粘膜にトラブル(口内炎など)が生じたり、髪の毛にツヤがなくなったりします。


(5)ビタミンB6の働き

B6はタンパク質からエネルギーを作り出す代謝の際に必要なビタミンです。
セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質の合成にも必要です。
また、発育の促進や、免疫機能が正常に働くためにも必要なビタミンです。

これが不足すると、タンパク質の利用が低下し、筋肉や肌の弱り、発育の遅れが生じやすくなります。
また神経伝達物質が減り、神経過敏や不眠になったりします。


(6)ビタミンB12の働き

B12は赤血球の色素ヘモグロビンの生成に必要なビタミンです。
また、神経細胞の形成にも関与しています。

これが不足すると、貧血や、疲れ、だるさ、手足の痺れなどが起きたりします。

アミノ酸について

【アミノ酸とは】

アミノ酸とは、タンパク質を構成している最小サイズの成分です。
言い換えると、アミノ酸がいくつか集まって、タンパク質ができているのです。

人間の身体の細胞は、すべてタンパク質でできていますから、その原料であるアミノ酸は大変重要な役割を果たしています。
私たちの身体を作っているアミノ酸としては、現在20種類が知られています。

【必須アミノ酸】

そのうち9種類は「必須アミノ酸」と呼ばれるもので、体内で合成する事ができません。
≪バリン、ロイシン、イソロイシン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン、リジン、ヒスチジン≫です。
したがって、これらの「必須アミノ酸」は、常に食事から摂る必要があります。

【必須アミノ酸の働き】

●バリン・・・成長を促進、筋肉を強化。
●ロイシン・・・肝臓の機能を高め、筋肉を強化。
●イソロイシン・・・神経機能を高めたり、筋肉を強化。
●スレオニン ・・・成長促進。
●メチオニン・・・肝臓での解毒力を強化。
●フェニルアラニン・・・ドーパミンの材料、抑うつ症状の改善。
●トリプトファン・・・神経伝達物質セロトニンの原料。
●リジン・・・成長促進、組織の修復。
●ヒスチジン・・・子供の成長に必須。
★お気軽にご相談ください。 
わからないことはなんでも
お尋ねください。

TEL・FAX 0797-77-9900 
(日曜・祝日と水曜日の午後はお休みです)
 
お問合せボタン

 
ページ最上部へ