苓桂甘棗湯「コタロー」 りょうけいかんそうとう「こたろー」

≪苓桂甘棗湯≫
不安感・動悸に


苓桂甘棗湯

※税込み価格で表示しております

90包(30日分)
¥9,900(税込)
★お気軽にご相談くださいね。
大丈夫、きっと良くなりますよ。


*お急ぎの方はお電話がおススメです 
お電話は簡単で便利なので、お電話でのお問い合わせやご相談の方も多いですよ!

下の番号をクリックするとすぐにつながります。
TEL・FAX 0797-77-9900 
(日曜・祝日と水曜日の午後はお休み)


*メールでご相談希望の方は
下をクリックして下さいね。
24時間受付していて便利ですよ。

お問い合わせフォーム 

苓桂甘棗湯の商品情報

≪苓桂甘棗湯≫
 
精神不安のためヘソのあたりに動悸を感じ、それが時々胸中に突き上げてきたり、お腹がはり、胸やノドが塞がって苦しくなったりすることがあります。このような突発的な発作が過ぎてしまうと、何もなかったように普通の状態に戻ってしまいます。
苓桂甘棗湯エキス細粒G「コタロー」は、自律神経がバランスを崩して、このようなとりとめのない精神的なトラブルに襲われた時に服用していただく漢方薬です。気の上衝に伴う動悸や精神不安などにお役立てください。


【効能・効果】
体力中程度以下で、のぼせや動悸があり神経がたかぶるものの次の諸症:
動悸、精神不安


【用法・用量】
食前または食間に服用してください。
食間とは・・・食後2~3時間を指します。

●大人(15歳以上)
【1回1包または1.5g 1日3回】
●15歳未満7歳以上
【2/3包または1.0g 1日3回】
●7歳未満4歳以上  
【1/2包または0.75g 1日3回】
●4歳未満2歳以上  
【1/3包または0.5g 1日3回】
●2歳未満        
【1/4包または0.37g 1日3回】
(大入り剤に添付のサジは、大が1.0g、小が0.1gの計量用となっております)

◎用法用量に関連する注意

(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させてください。

【成分・分量】

●ブクリョウ・・・6.4g
●ケイヒ・・・・3.2g
●タイソウ・・・・3.2g
●カンゾウ・・
・・1.6g

より抽出した水製エキス2.0gを含有しています。

添加物として含水二酸化ケイ素、ステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプン、アメ粉を含有しています。


◎保管及び取り扱い上の注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。

(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)水分が付きますと、品質の劣化をまねきますので、誤って水滴を落としたり、ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用してください。(分包剤のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので、服用後は、ビンのフタをよくしめてください。(大入り剤のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に、ビンを開封した日付を記入してください。
大入り剤のみ

◎本剤は生薬を原料としていますので、商品により多少色が異なることがありますが、品質・効果に変わりはありません。


◎してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)
次の人は服用しないでください。
生後3か月未満の乳児

◎相談すること

1、次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)高齢者
(4)今までに薬などにより発疹、発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。

 むくみ
(6)次の診断を受けた人。

 高血圧、心臓病、腎臓病

2、服用後、次の場合は、直ちに服用を中止し、添付文書を持って医師、薬剤師また
は登録販売者
に相談してください。

●皮膚に発疹、発赤、かゆみ

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。

その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

●偽アルドステロン症・ミオパチー
《症状》
・手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。

3、1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、添付文書を持って医師、薬剤師また​は登録販売者に相談してください。

4、長期連用する場合には、医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

苓桂甘棗湯の効果

不安を感じやすいドキドキ動悸がするヒステリーのように突然感情が抑えられなくなることがある方にとても効果的な漢方薬です。

おへその下あたりに動悸がして、これが胸の方に衝き上げてくる症状「奔豚気病」(ほんとんきびょう)と言いますが、こんな症状がある方もぜひ試してみるといいですね。

心臓そのものに病気はないのに、ドキドキと動悸がしてくるような「心臓神経症」や、「パニック障害」など突然発作が起きる方にも効果的です。

現代は、ストレスを受けやすい環境であったり、精神的にナイーブな方や、心配症の方も多くなっています。
わたしどもには、実際そんな方々のご相談も非常に多いです。この苓桂甘棗湯は、そんな方々の助けになる、とっても素晴らしい漢方薬です。
胃にも優しい成分ばかりなので、胃の弱い方にも安心してお飲みいただけます。

「敬震丹」を併用するとさらに効果的ですよ。

苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)の相談例

40代後半の女性が疲れたご様子でご相談に来られました。

お身内の方が亡くなって以来、日中にドキドキと動悸がするし、眠れなくなったので、ついに心療内科を受診なさったそうです。しかし、心療内科のお薬を飲んでいても、突然起こるその動悸は完全には治まらないそうです。

食欲は落ちるし、疲れやすく、不安感も常にある状態で、日々の生活がまともに送れないとのことでした。
殊に動悸に関しては、何の前触れもなく突然ドキドキっとくるので、それが不安でたまらないと。
本当に大変ですね。

人は、突然、辛い出来事が起きると、必ずと言っていいほど心が不安定になります。
そして同時に身体にも様々な症状が現れてきます。心と身体は一体ですから。

睡眠剤を飲めば、一応はなんとか寝付けるそうですが、もともとの脳のストレスがすっかり消えているわけではないので、朝までぐっすりと気持ちよく眠れるようにはなかなかなりません。
夜中に目が覚めてしまうことも多々あるようです。そうなると、もう眠れません。寝返りばかりうって、明け方にようやく少し眠れるというような、熟睡とは程遠い睡眠状態を繰り返しておられます。

そこで、まずは、その不安感と動悸を改善するため「苓桂甘棗湯」を飲んでいただくことにしました。
そしてもう1種類、敬震丹という、気持ちを安定させるための漢方薬も併用していただきます。

一か月ほど経つと、動悸の回数はかなり減ってきて、たまに動悸がしても程度が軽くなってきたと喜んで下さいました。
それにつれて、徐々に眠りも改善してこられ、たとえ夜中に目が覚めても、またいつの間にかまた眠ってしまっているみたいです、と笑顔で報告して下さるようにまでなりました。

笑顔が出るようになられて本当によかったです!
完全に治るまでもうしばらく一緒にがんばりましょうね。

 

苓桂甘棗湯の成分と働き

苓桂甘棗湯は4種類の生薬からできています。

●ブクリョウ
●タイソウ
●ケイヒ
●カンゾウ

《ブクリョウ》
身体の中で余分に溜まった水を尿として出していく働きや、気持ちを落ち着かせる鎮静効果があります。



《大棗》
不安感、悲しみ、じっとしていられない、びっくりしやすい、気分がザワザワする、落ちつかない、などの症状に対して、気持ちを安定させる働きがあります。

《ケイヒ、カンゾウ》
「気」が上へ上へと上衝していくのを鎮める働きがあります。

お問い合わせ

★この商品が気になる方は
お気軽にお問合せ・ご相談くださいね。


*お急ぎの方はお電話がおススメです。 
お電話は簡単で便利なので、お電話でのお問い合わせやご相談の方も多いですよ!

下の番号をクリックすればすぐにつながります。
TEL・FAX 0797-77-9900
(日曜・祝日と水曜日の午後はお休み)
 

*メール希望の方は
下をクリックして下さいね。
24時間受付していますので便利ですよ!
 
お問合せボタン
 

店舗外観180

<漢方薬局>
トーユーファーマシー

〒665-0033
宝塚市伊孑志3丁目6-25
TEL:0797-77-9900

【営業時間】
月・火・木・金(9:00~19:00)
水(9:00~12:00)
土(9:00~15:00)

【休業日】
日・祝日

ページ最上部へ