松寿仙(しょうじゅせん) 自然薬

《当店は松寿仙の正規取扱店です!》

自然治癒力アップで丈夫な身体に!
健康はきれいな血液から!
活性酸素も消去!
ご家族みんなでお飲みになれます。

生薬の滋養強壮剤


松寿仙3本入

  1本    ¥2,100(税抜)
  3本    ¥5,570(税抜)
12本   ¥21,000(税抜)
 
松寿仙12本入(2)
松寿仙(しょうじゅせん)はこのように
水またはお湯で薄めてお飲み下さい。

《 目 次 》
 

★お問い合わせはお電話かメールの
どちらかお好きな方法でして下さいね。


*お急ぎの方はお電話がおススメです 
お電話は簡単で便利なので、お電話でのお問い合わせやご相談の方も多いですよ!

下の番号をクリックするとすぐにつながります。
TEL・FAX 0797-77-9900 
(日曜・祝日と水曜日の午後はお休み)

接客されるのが苦手な方、メルマガの苦手な方もぜひお問い合わせください。
メルマガはお送りしておりません。


*メールでご相談希望の方は
下をクリックして下さいね。
24時間受付していて便利ですよ。
お問合せボタン

松寿仙(しょうじゅせん)の商品情報

【松寿仙の特長】
松寿仙』
は自然の原料であるクマザサ葉、赤松葉、朝鮮人参から抽出した有効成分により虚弱体質、胃腸虚弱の方及び病中病後、食欲不振、肉体疲労の時に優れた効果をあらわす滋養強壮保健薬です。

天然の原料を使っているので「自然薬」とも呼ばれています。

原料の
3つの薬草は、何千年という歴史の中で使われてきて、身体に良いと証明されたものばかりです。


創業者の横手一二さんが、漢方の大家である大塚敬節先生や山田光胤先生に直接ご相談をして、原料や、その配合の指導を受けて、この松寿仙が生まれました。

1969年より発売され、今日まで約50年間、長きに渡って多くの方々に愛されてきました。これって凄いことですね!

私たちの体には、本来、生体機能のバランスを保ち、いつも健康を維持しようとする働き、すなわち「自然治癒力」あるいは「恒常性維持能力」がありますが、この働きを賦活して健康を保持することが、松寿仙の効果である「滋養強壮」ということです。

「松寿仙」はお子様(8才以上)からご先輩の方まで、どなたにも安心してお飲みいただけます。また、長く服用するほどに「松寿仙の良さを感じていただけます。


【効能・効果】
次の場合の滋養強壮:
虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振

【用法・用量】
次の量を添付の計量コップではかり、食間又は食前に温湯又は水に希釈して服用下さい。
(食間とは、食後2~3時間を指します。)
成人:1回量 2㎖ 1日3回
15才未満~8才まで:1回量 1㎖ 1日3回

【成分・分量】
成分(6㎖中)の分量
●クマザサ葉葉緑素液(原生薬としてクマザサ葉19g)  4.8㎖
●赤松葉エキス(原生薬として赤松葉232mg)     18.0mg
●ニンジンエキス(原生薬としてニンジン58mg)      10.8mg
※添加物としてパラベンを含有します。


≪注意≫
本剤は、生薬を用いた製剤ですので、製品により色が多少異なることがありますが、効果に変わりはありません。

保管及び取り扱い上の注意】
(1)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(2)直射日光の当たらない涼しい所に保管して下さい。
(3)開栓時及び服用時には、分注器に直接手指を触れないで下さい。(手指からの汚染により、品質が変わることがあります。)
(4)開栓及び樹脂リングの切り離しをする際には、指を傷つけないように注意して下さい。
(5)開栓後は、樹脂キャップをしっかり閉めて冷蔵庫に保管して下さい。
(6)開栓後、樹脂キャップの栓がキチンと閉められていないままに、樹脂キャップを持って瓶を携行したり、横倒しにしたりしておくと、液が漏れることがあります。
(7)開栓後の取り扱い方により変質することがありますので、開栓後のお取り扱いについては、注意事項を厳重にお守りください。
(8)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(9)生薬エキスですので、アミノ酸等の成分が瓶の内面に付着したり、底部に沈殿することがありますが、その場合は、振ってから服用下されば薬効には変わりありません。

≪お問い合わせ先≫
株式会社 和漢薬研究所 お客様相談室
TEL 0120-432-894
【月~金曜日/10:00~17:00(祝日を除く)】

松寿仙はこんな方々におすすめします

■風邪をよくひく
■病気は治ったがシャキッとしない
■疲れやすい
■なんとなく気分が晴れない
■虚弱体質である
■胃腸が弱い
■食欲がない
■免疫力が弱い
■顔色が悪い

■血の巡りが悪い気がする
■手足が冷えやすい

松寿仙(しょうじゅせん)の飲み方

(1)まず、松寿仙の原液をお湯呑みに注ぎます。
松寿仙・原液

(2)次に、お湯または水を注ぎます。
  注ぐ量は、あなたのお好みでどうぞ~♪

 
松寿仙・お湯

(3)ほ~ら、あっという間に美味しい松寿仙の出来上がり。どうぞ召し上がれ~♪
 
松寿仙の完成

松寿仙の良いところ

(1)液体なので気楽にお茶みたいな気分で飲めること。
(2)そのままでお湯割り、水割りも良いが、お茶など他のものに混ぜても飲めること。
(3)無農薬の原料を使っていること。
(4)成分3種類がそれぞれ単独での効果より、3種類が混合されたことによって、相乗効果が高まったこと。
(5)家族みんなで飲めること。
(6)飲むことが習慣になりやすいこと。
(7)濃い緑色に最初はびっくりするが、
飲んでみると思ったほどクセがない味であること。
(8)334項目もの試験を経て製品が出来上がっていること。安心、安全。
(9)飲むと気分がホッとすること。
(10)滋養強壮効果でいつの間にか身体が丈夫になっていくこと。

松寿仙のネーミングはどこから?

創始者の話によると…、

昔、中国の人里離れた山中に、松葉を噛んで不老不死の術で長寿を保った人(仙人)がいたという言い伝えがあったそうです。
松葉には強力なパワーがあるということですね。

ということで、を食べていた寿、それで『松寿仙』と名付けられたそうですよ。
実に縁起の良い商品名ですよね!


なお、松寿仙を作っている工場の玄関には、松寿仙人の絵が飾られているんだそうですよ~

自然治癒力とは

自然治癒力の賦活
 

私たちの体には、本来、生体機能のバランスを保ち、いつも健康を維持しようとする働きがあります。
これを『自然治癒力』あるいは『恒常性維持能力』といいます。
そして、この働きを賦活して健康を保持することを滋養強壮といいます。

人間の体は、「免疫」「自律神経」「ホルモン」「代謝」「血液循環」
など、いくつかの働きが脳の中枢でコントロールされ、それぞれがうまくネットワークで繋がり、連携し合って健康な心身の状態を保っています。

素晴らしいですね!


しかし、これらのうちのどこか一ヶ所でも、その働きがうまくいかなくなってバランスが崩れると、当然ながら他の場所の働きにも影響を及ぼしてしまいます。

その結果、本人が自覚できるほどの不快な症状として現れることもあれば、場合によっては自覚症状として現れないまま静かに病気が進行してしまうこともあります。
 
しかしそんな時も、『自然治癒力』がしっかりしていれば、大丈夫です。
明らかな病気というものにまで進まずに治ってしまうこともありますよ。

この段階を漢方では“未病”と言います。
「未だ病に至らず」という意味です。
まだ完全な病気にはなっていない状態ですね。この段階で治ってしまうのが本当は一番いいですね。

しかし、たとえ病気になったとしても『自然治癒力』という基礎がしっかりしていれば、早く治ります。


このようなもともと私たち自身の体に備わっている『自然治癒力』を弱らせずしっかりさせておくことは、生きていく上で凄く重要なことであり、健康の基本ですよね。
 
自分の健康は自分で守りましょうという「セルフメディケーションの時代」だからこそ、今、この自然薬『松寿仙」』がもの凄く皆さんのお役に立つと思います。
 

★お気軽にお問合せ・ご相談くださいね。
*お急ぎの方はお電話がおススメです 
お電話は簡単で便利なので、お電話でのお問い合わせやご相談の方も多いですよ!

下の番号をクリックするとすぐにつながります。
 TEL・FAX 0797-77-9900 
(日曜・祝日と水曜日の午後はお休み)
  

*メールが希望の方は
下をクリックして下さいね。
24時間受付していて便利ですよ。

お問合せボタン
 
ページ最上部へ