家なき子 2019年2月

「家なき子」 長澤より

新しい年を迎えインフルエンザが猛威をふるっていますが、いかがお過ごしですか?

家に入れない先日の事ですが、薬局の仕事を終えて帰宅し玄関の鍵を開けようと鞄に手を入れゴソゴソしても鍵が無いあれっ落ちついてもう一度鞄をゴソゴソしたけど鍵が無い。
そうだ娘が鍵を持たずに外出したので緊急時の鍵置き場へ置いてあげたんだったと思い出し、ホッとして鍵を取ろうとしたのですが無いのです。まさか鍵を泥棒に盗まれたのか?少しパニックです。

とりあえず娘に「鍵が無いけど知ってる?」と連絡しましたが返事は無し。車の教習所へ行くと聞いていましたが、いつ帰るかは聞いてなかった最大のミス。チーンと頭の中で鐘が鳴りました。

しばらく玄関前で待っていましたが寒くなってきたので、どこか時間の潰せる場所、ファミレス、喫茶店、しかし夕食の時間なので一人でファミレスでお茶するのも夕食を食べるのもなぁと思い、スーパーの中のイートインコーナーで飲み物を注文し少し時間を潰すことにしました。
あまり一人でお茶する事も無いのでなんだかソワソワ。夕食の時間におばさん一人で座って飲み物飲んでいるのが少しはずかしいような心地悪さを感じていると娘から連絡が入りました。娘は学校から帰宅したが鍵を忘れた→どうしよう→あっ鍵が置いてあった→ラッキー良かった→では教習所へ行こう→鍵を閉めて出かけたとの事でした。母の鍵の事など全く気付かなかったと。
もう一つ講習を受けるからあと1時間30分ぐらいは帰らないというのです。

そんなに母は時間が潰せない~どうしようかと考えていると浮びました。トーユーがあるのでは無いか厚かましい。
早速、木島先生に今までの経緯を伝えトーユーで待たせてもらう事の了承をいただきました。
外は真っ暗寒くなってきて人通りも少なく家なき子の気分から一転パァ~っと南国の風景が頭に拡がりました
娘が鍵が無いと可哀想と思いこのような事になったのですが「かわいい子には旅をさせよ」と思いました(笑)
ページ最上部へ