半夏厚朴湯「コタロー」 はんげこうぼくとう「こたろー」

≪半夏厚朴湯≫
喉のつまり、違和感に
不安感や心配性、気分の落ち込みに
吐き気やつわりにも


半夏厚朴湯

※税込み価格で表示しております

90包(30日分)
¥9,240(税込)

 
★お気軽にご相談ください。
*お急ぎの方はお電話がおススメです 
お電話は簡単で便利なので、お電話でのお問い合わせやご相談の方も多いですよ!


下の番号をクリックするとすぐにつながります。
TEL・FAX 0797-77-9900 
(日曜・祝日と水曜日の午後はお休み)


*メールでご相談希望の方は
下をクリックして下さいね。
24時間受付していて便利ですよ。

お問い合わせフォーム  

半夏厚朴湯の商品情報

≪半夏厚朴湯≫
 
本剤は、心配性ないし神経質で、気分が重く、あるいはふさぎ勝ちなタイプに用いられる漢方薬です。
具体的には、ノドに何かひっかかっているような感じで、咳ばらいをしてもとれないとか、動悸などがあって何かと不安で、夜も眠れない、ストレスが影響して、吐き気などを訴え胃腸の調子がよくないといった方に用います。


【効能・効果】
気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症:
不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声

【用法・用量】
食前または食間に服用してください。
食間とは・・・食後2~3時間を指します。

●大人(15歳以上)
【1回1包または1.6g 1日3回】
●15歳未満7歳以上
【2/3包または1.1g 1日3回】
●7歳未満4歳以上  
【1/2包または0.8g 1日3回】
●4歳未満2歳以上  
【1/3包または0.5g 1日3回】
●2歳未満        
【1/4包または0.4g以下 1日3回】
(500g包装に添付のサジは、大が1.0gで小が0.1gの計量用となっております。)

◎用法用量に関連する注意

(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させてください。

【成分・分量】
●ハンゲ・・・
・・4.8g
●ブクリョウ・・・4.0g
●ショウキョウ・・
0.8g
●コウボク・・
・・2.4g
●ソヨウ・・・
・・1.6g

より抽出した半夏厚朴湯エキス(4/5量)1.76gを含有しています。

添加物としてステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプン、乳糖水和物、プルラン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムを含有しています。


◎保管及び取り扱い上の注意
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。

(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)水分が付きますと、品質の劣化をまねきますので、誤って水滴を落としたり、ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用してください。(90包装のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので、服用後は、ビンのフタをよくしめてください。(500g包装のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に、ビンを開封した日付を記入してください。
500g包装のみ

◎本剤は生薬を原料としていますので、商品により多少色が異なることがありますが、品質・効果に変わりはありません。


◎してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)
次の人は服用しないでください。
生後3か月未満の乳児

◎相談すること

1、次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)今までに薬などにより発疹、発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。

2、服用後、次の場合は、直ちに服用を中止し、添付文書を持って医師または薬剤師に相談してください。

●皮膚に発疹、発赤、かゆみ


3、1か月位(つわりに服用する場合には5~6日間)服用しても症状がよくならない場合は、直ちに服用を中止し、添付文書を持って医師または薬剤師に相談してください。
 

半夏厚朴湯の効果

『半夏厚朴湯』は、実際には何もないのに、何かが喉に引っかかったり、つまっているような感覚がするときに、とても効果的な漢方薬です。
この喉のつまり感は、まるで梅干しの種が引っかかったようだということから、漢方の世界では「梅核気」と言われています。
わりとよく起きる症状で、女性に多いような印象です。
飲みこんでも咳払いをしてもスッキリせず、ずーーっと気になりますよね。
しかし、ご飯を食べたりするのに支障はありません。
また、声がしわがれ声になることもあります。

こういった症状は、ストレスがあったり、心配事があったり、不安な気持ちの時に起こりやすいです。
もともと心配性だったり、繊細な性格の人に起こりやすいですが、普段は明るくおおらかな人でも、とても気になることや心配なことが起ったり、忙しくてストレスの多い状態になった時には、この症状が現れることがあります。

また、喉の症状がない場合でも、不安神経症や、気分が重いとか、気分が落ち込む、憂鬱、あるいは、夜よく眠れない、動悸がするなど症状にもよく効きます。

精神的ストレスから胃の調子が悪くなって、ムカムカと吐き気がする場合にも効果的です。
いわゆる神経性胃炎の症状ですね。
また、ストレスとは関係なく、妊娠中のつわりにも使います。 

お問い合わせ

★この商品が気になる方は
お気軽にお問合せ・ご相談くださいね。


*お急ぎの方はお電話がおススメです 
お電話は簡単で便利なので、お電話でのお問い合わせやご相談の方も多いですよ!

下の番号をクリックすればすぐにつながります。
TEL・FAX 0797-77-9900
(日曜・祝日と水曜日の午後はお休み)
 

*メール希望の方は
下をクリックして下さいね。
24時間受付していますので便利ですよ!
 
お問合せボタン
ページ最上部へ