敬震丹(けいしんたん) 日本の伝統薬

《当店は 敬震丹の正規取扱店です!》

依存性のない漢方の精神安定剤
うつ・不安・イライラ・緊張などの精神症状に。
気分が憂鬱な時・ストレスを緩和したい時にも。
動悸・息切れ・気付けにも。


敬震丹   10片   ¥2,300(税抜)
   20片   ¥4,300(税抜)
   40片   ¥8,000(税抜)
   80片  ¥15,000(税抜)
  160片  ¥29,000(税抜)
*本年1月1日より価格が改訂されました

お客様の声はこちらです。
是非ご覧になってみてください。


敬震丹でパニック症状が治った方への「インタビュー記事」を掲載しております。
どうぞご覧くださいませ。


敬震丹は約1cm四方の板状の平たいお薬で、まるでチョコレートのような色をしています。香りの強い成分が多く配合されており、これらがもつ“気付け作用”によって、様々なストレスを抱える現代の人たちに大変役立っています。
 
敬震丹 実物大
 
 
敬震丹(1)このように押し出します。
押し出すと、気分が落ち着くいい香りがふわっと漂います
 
敬震丹(2)こんなに薄いので手で簡単に割れます


《 目 次 》 《 関連ページ 》

★ほんのちょっとしたことや、ご購入がまだお決まりでない方でも、
お気軽にお問い合わせ下さい。


 TEL・FAX 0797-77-9900 
(日曜・祝日と水曜日の午後はお休み)

お問合せボタン
接客されるのが苦手な方、メルマガの苦手な方もぜひお問い合わせください。
メルマガはお送りしておりません。

敬震丹を飲まれたお客様の声

【66才 女性の方 「安心」を得ることができました

敬震丹のお客様の声【パニック症】58才の時にいろいろなストレスが重なって突然パニック症になりました。心療内科にかかり安定剤など処方されましたが、思う様な結果にならず、漢方に関心を持っていましたので、漢方薬も併用(私の場合五令散・柴胡加竜骨牡蛎湯)して頂き5年ほどで安定剤を切り、漢方薬だけになりましたが、時々起こるパニック症状が辛くて、又不安で緊張の解けない日々でした。
そして苓桂甘棗湯を知り、又敬震丹との併用がいいということで...。探していたお薬が見つかって本当に嬉しかったです。「不安からどうしよう、どうしよう」ではなく「こうしよう」お薬を飲んで来たから大丈夫!!又持っているから大丈夫!!準備ができているから大丈夫に変わってきました。「手立」を持っていることで「安心」を得ることができています。お陰様で苦手な美容院や歯科医院にも、又行ける様になりました。ありがとうございました。


2019年9月14日 追記
 
【40才 女性の方 パニック発作の症状が改善した

敬震丹のお客様の声【パニック発作】数ヶ月程前からパニック発作のような症状がひどくなり敬震丹を定期的に飲むようになったところ症状がだいぶ改善し日常生活においても精神的に安定するようになりました。
発作が起きやすかった美容院に行く時はあらかじめ服用すると落ち着き、今では安心して行けるようになりました。

2019年8月24日 追記

【47才 女性の方 ポジティブ思考になりました

敬震丹 ポジティブ思考になりました仕事が忙しいからか年齢的なものからなのかわかりませんが気分の落ちこみが激しく何ごともネガティブに受け取ってしまい日々の生活にも支障がでるのでは...と心配になっていたところ、敬震丹を飲んでみるとスーッと気持ちが軽くポジティブ思考になりました。
漢方薬ということで安心して飲んでいます。効き目バツグンです。


2019年6月1日 追記

15才 男性の方 反抗期の息子が落ちつきました

敬震丹 【反抗期】15才の息子、反抗期で毎日イライラして夜もなかなか寝ず、朝学校へ行くにも起きず、ぐずぐず暴言を吐きながら登校する毎日でした。
敬震丹を飲む様になり数ヶ月で....明るく笑顔も増え、学校も楽しく通える心落ちつきました。
ありがとうございます。

2019年5月28日 追記

68才 女性の方 飲んだら落ち着く

敬震丹のお客さまの声敬震丹はお守りみたいなものでちょっとお出掛けする時とか、ちょっと緊張するようなことをする時とかに前もって飲んでおくと安心感がある。
実際に飲んだら落ち着く。私には、とても合ってる感じがする。


2019年3月30日 追記

44才 女性の方 心が“おちつき”ました

敬震丹のお客様の声 心が落ちつく夜中に何度も目がさめ、なかなか寝つくことができず、イライラや汗をかくなどがなくなりました。
敬震丹で心が“おちつき”ました。


2019年3月16日 追記

54才 女性の方 活力が出てきました

敬震丹のお客さまの声 クヨクヨ・心臓バクバク飲み始めてから、いままでクヨクヨしたり、思いがけない事が起こった時に心臓がバクバクしたりしたのが、全くなくなりました。
身体の痛みにクヨクヨして家にひきこもる2年間でしたが、飲んでしばらくしてから「あ~今日も外へ出かけよう!!」という活力が出てきました。有難いです。


2018年12月28日 追記

63才 女性の方 高熱の時 体が楽になりました

敬震丹のお客さまの声 風邪・疲れ敬震丹は姉から教えてもらいました。登山好きの姉が、山でバテて歩けなくなっていた時、親切な人から敬震丹をもらい、お陰様で、下山できたとのこと。
私も高熱(風邪で)の時、弱っていましたが、敬震丹で体が楽になりました。
それからは疲れた時、風邪の時、元気がない時、服用して、元気になります。
不眠の友人にも、教えてあげたら、服用してよく眠れるようになったとのことでした。


2018年11月28日 追記

67才 女性の方 パニックの時、精神的にもよくきく

敬震丹のお客さまの声 パニックパニックの時、精神的にもよくきく。
ほぼ1個でおちつく。しんどい時に良く動ける!
飲むと安心感があり!


2018年10月27日 追記

58才 女性の方  私にとっては魔法の薬です

敬震丹のお客さまの声 疲れ仕事をし、スポーツもし、精力的に動いていた私が、脚が重くて思うように活動できなくなりました。気持ちまでも暗くなり.....。
そんな時に勧めて頂いたのが“敬震丹”でした。外出前、外出中、外出後、疲れたなぁと感じた時飲んでます。不思議と元気が湧いてきます。私にとっては“魔法の薬”です。


2018年10月5日 追記

23才 女性の方 魔法のようなスピードで泣き虫がなおりました

敬震丹のお客さまの声 泣き虫小学4年生の時から13年間“泣き虫”で悩み続けていましたが、こちらで“敬震丹”という漢方をいただいてから魔法のようなスピードで泣き虫がなおりました!!
今まで悩み続けていたのが嘘のようです。先生に「泣き虫はクセのようなものだから、クセがなおれば薬をへらしていくことができる」と言っていただけたのも、この漢方を安心してのめる理由の1つです。今は仕事がとても楽しく続けられます。ありがとうございます。同じように悩んでる方がいればぜひ、おすすめしたいです。


2018年9月28日 追記

51才 男性の方 精神的にリラックスでき、また頑張ろうという気になりました

敬震丹のお客さまの声 身も心もくたくた敬震丹を飲んで
毎日仕事におわれ帰宅も深夜となり身も心もくたくたでした。敬震丹をすすめられ飲んでみたところ私にはとてもあうようで、すぐに精神的にリラックスでき疲れていた気持ちが、また頑張ろうという気になりました。また血流もよく体にエネルギーがみなぎった気がします。これからも飲んでいきたい思っています。

 
2018年9月28日 追記

65才 女性の方 心が平穏になる気がしています

敬震丹のお客さまの声 気持ちが落ち着かない時ドキドキして気持ちが落ち着かない時などに飲むと心が平穏になる気がしています。
 
2018年9月28日 追記

47才 男性の方 胸のもやもやが一発で消えてしまいました

敬震丹のお客さまの声 胸のもやもや胸のもやもやがひどく、敬震丹をのんだところ、一発で消えてしまいました。おどろきとともに江戸時代からの歴史を感じずにはいられませんでした。
このような薬を販売していただいて感謝しております。
本当にありがとうございました。

 
2018年9月12日 追記

【56才 女性の方 不安な気持ちが落ち着くようです

敬震丹のお客さまの声 不安20代の息子が敬震丹を飲み始めて一年ほどになりますが、飲むようになってから気分が楽になったと喜んでいます。
不安な気持ちが落ち着くようです。
これからも続けたいと思います。

 
2018年5月12日 追記

67才 女性の方 毎日飲んで快調に生活しています

敬震丹のお客さまの声 肩こり毎日の仕事に追われる日々に睡眠がとれない日、肩こりに悩む事が多くなり義妹が敬震丹を飲んでみればとアドバイスしてくれて、ほとんど毎日飲んで快調に生活しています。妹に感謝です。
 
2018年2月17日 追記

53才 女性の方 不眠の為続けてスッキリすることが出来ました

敬震丹のお客さまの声 不眠不眠の為お世話になりました。
10日間ほど続けて、スッキリすることが出来ました。
有難うございました。

 
2017年9月2日 記
 

敬震丹(けいしんたん)をお勧めしたい症状

以下のような症状でお困りの方、1人で抱え込まず、ぜひご相談ください。
一緒に治していきましょう。
敬震丹で多くの方が良くなっています!あなたもきっと良くなりますよ。


こちらもぜひご覧くださいませ↓
「敬震丹とストレス」
  お電話 0797-77-9900 
またはメールでも、ご相談・お問い合わせ受付しております。
今すぐどうぞ!


併用すると効果的な商品

  • 苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)
    理由のない不安感や動悸などを伴う場合や、感情が抑えられないとか、パニック発作のようになる方は敬震丹と併用すると効果的です。
     
  • 柴胡疎肝湯(さいこそかんとう)
    イライラするとか、緊張しやすいなど、交感神経の方が優位になりやすい方は敬震丹と併用すると効果的です。
     
  • ワタナベオイスター
    ストレスによって発生する脳の活性酸素を消去するので、敬震丹と併用すると自律神経の働きが整い気持ちが落ち着きます。鬱っぽい状態のときは、特に併用がお勧めです。元気や、やる気が出てきます。
     
  • 松寿仙(しょうじゅせん)
    松葉、クマザサ、朝鮮人参からできている緑の漢方薬です。 リラックス効果があり、飲むと気分がほっこりする方がとっても多いですよ。
     

敬震丹(けいしんたん)での改善例

【30代の女性】
仕事が忙しく残業も多い上に、人間関係のストレスから、イライラしたり熟睡できない日もあるというご相談。

イライラしたり嫌な事があったときに「敬震丹」を口に含み、口の中で溶かすようにしていると、徐々に気が落ち着いて、いつの間にかなんで腹が立っていたのか忘れているくらいだと喜んでいただきました。

【中学3年生の男の子】
授業中に教室の雰囲気や様子がとても気になるようになり、いつも緊張感が強くて頭が混乱するような状態で授業に集中できないとのご相談。

「敬震丹」を朝1片と「漢方薬」の併用で、徐々に緊張感が減っていき、安定した気分で学校に行くのも苦痛でなくなり楽しく学校生活を過ごせるようになりました。自信もついて勉強もクラブ活動も頑張っています。

【50代の女性】
お舅さんの介護が大変でストレスを抱えておられ、お舅さんの家に行く日は、動悸がしてきたり、気分が重くなって、不安感がひどくなるとのご相談。

お家に行く前に「敬震丹」を服用していくと、わりと楽な気分で過ごすことができ、動悸もしなくなったとのことでした。

【40代の女性】
ご主人を病気で亡くされ、悲しくて気持ちが塞ぎ、食欲もなくなり、ふとした時に涙が止まらなくなったりと、うつのような状態になっているとのご相談。

「敬震丹」を口に含んでいるとだんだん気持ちが落ち着いて、不思議と涙が止まるおっしゃいます。


敬震丹(けいしんたん)の相談例

不眠編
【子育てと仕事の忙しさで寝つきが悪くなった方の相談例】

30代の女性からのご相談です。

「あの、最近、寝つきがとても悪くて、お布団に入ってからも1時間とか、ひどい時は2時間くらい眠れなかったりすることがあるんです。病院の睡眠剤みたいなのは、できれば飲みたくなくて、漢方薬なんかでそういうのに効くのがあればなぁと思って今日は来ました。」とおっしゃいます。

「最近、何かストレスとか、思い当たることはありますか?」とお尋ねしますと、

「子供がまだ小さくて、二人いるんですけど、預けて、パートなんですけど仕事もしてるんです。毎日忙しくていつもバタバタしていて、ゆっくりする暇もあんまりないんです。だからそれがストレスかなぁ…。きっとそうでしょうね。」
「仕事が終わると子供たちを迎えにいって、家に帰ったらすぐにご飯の支度をしたり、子供の世話もしないといけないですし。」

「ご主人様はいろいろ手伝ってくれますか?」とお尋ねすると、

「休みの日はできるだけ手伝ってくれてますけど、平日は帰りが遅いんで、子供の世話とかはほとんど私一人でやってます。」とのお話です。

「それは大変ですね。よく頑張っていらっしゃいますね。」
働きながら子育てもして、毎日お忙しくなさっていれば、当然ストレスを感じることはありますよね。きっと、とても頑張り屋さんなのでしょう。

「頑張り続けて交感神経の緊張が続いていくと、夜になってもリラックモードへ切り替わることがうまくできなくなるんですよ。」「そうすると、寝つきも悪くなってきますね。それは自律神経が乱れてきていますよ~、というサインです。」
とお話して、まずは敬震丹をお勧めし、プラスのご提案として、ワタナベオイスターも併用すると、脳のストレスが軽減しやすいことをお話して、しばらくは二つを併用していただくことになりました。

その後、徐々に寝付くまでの時間が短縮され、朝の目覚めもスッキリとなってこられました。
この調子でいけば、いずれお薬なしでも大丈夫になられると思いますよ!
一歩一歩進んでいきましょうね。



◆自分の体調についての不安編

【パニック発作がまた起こるんじゃないかと心配な方の相談例】

40代くらいの女性がご相談に来られました。
心配そうなご様子です。

お話を伺っていくと、
「1年ほど前なんですけど、ある時、スーパーのレジに並んでいたら、突然気分が悪くなり、バクバク動悸がしてきて、息苦しくて、倒れてしまうんじゃないかと物凄い不安というか、恐怖感に襲われたことがあったんです。」

「それ以来、そこまでひどいことは起きてないんですけど、軽い症状はたまにあるんです。」

「またその最初の時みたいになるんじゃないか、なるんじゃないか、といつも心配で、いろんなことに対してどんどん消極的になってきてしまって…。特に慣れない所へ出かける時はいつも不安なんです。」

「できればずっと家にいたいくらいなんですけど、そういうわけにもいきませんし…。こんなの漢方薬で治りますか?」
とのご相談でした。

このようなお悩みをお持ちの方は最近よくご相談に来られます。
恐かったその記憶が強烈に残ってしまうので、常に心配がつきまとうんですよね。
とても辛いと思います。

こんな時は敬震丹がよく効きます。パニック発作の予防として、苓桂甘棗湯という漢方薬も併用していただくとさらに効果的ですので、お勧めし、服用していただくことになりました。

最初のうちはきっちりと毎日飲んでいただき、ご気分が安定するようになってきたら、少しずつ服用を減らしていって、現在はすっかり良くなられました。
よかったですね~♪



【繊細でストレスを感じやすい方の相談例】

60代くらいの女性がご相談に来られました。

「この2~3年、体調がすぐれず、あちこち具合の悪いところばかりなんです。」
「でも、このままじゃダメだなと思って、頑張って来てみました。」とおっしゃいます。

「そうですか。ここへ来るという、初めの一歩が出ただけでも凄いですよ。具体的にはどんな症状がありますか?」
とお尋ねすると、
「毎日頭が重くてつらいんです。集中力も出ませんし…。あと、時々、頭のあちこちが痛くなったり、肩こりもあるし、耳の辺りが痛くなったり、とにかく全然スッキリしないんです。」
「こんな風に身体の調子が悪いせいで、気分もすぐれないですから、休みの日でも出かけるのも億劫になってきてしまって…。結局、一日中ダラダラ過ごして、たいしたこともできずに一日が終わってしまうこともよくあるんです。もう、こんなんじゃだめだなあ。なんとかしないとなって思うんですよ。でも、どうすることもできなくて。クヨクヨしてしまうばかりでどんどん落ち込んでくるんです。お友達とのお付き合いも断ってしまうので、お誘いも減ってきて、それも寂しいし……。」

更に、日常生活について詳しくお話を伺った結果、この女性はとても繊細で周りの人への気遣いが多く、毎日の生活の中で、知らず知らずのうちにストレスを感じ、その結果、明らかに「気の流れ」が悪くなっている状態でした。

そこで、「敬震丹」を1日3回服用していただくことにしました。
気力も落ちているので、牡蠣肉エキスの「ワタナベオイスター」の併用もお勧めし、ご購入いただきました。

2週間後にご来店の際は、とても晴れやかな笑顔で、「お陰様で凄く楽になりました!頭がスッキリしてきて、やる気も出てきてびっくりしました!」と大変喜んでいただきました。



 【原因がわからない体調不良により不安になった方の相談例】

40代くらいの女性が心配そうな表情でご来店されました。

一年ほど前から、とにかく体調がすぐれないそうで、その都度病院に行っていろいろ検査をしても、どこが悪いのかはっきりわからず、お悩みの毎日だそうです。

「最近は、頭や身体のあちこちが痛くなることが毎日のようにあって…、でも痛い場所がその日によって変わるんです。気分も憂鬱ですし、そのせいか胃腸の調子もあまり良くないんです。」
「最近は、自分の身体がこのままどんどん悪くなっていってしまうんじゃないかと、それが気がかりで、物凄く心配になってしまうんです。」と、不安を訴えられます。

さらにお話を伺っていきましたが、こんな状態になってしまった原因は、全く思い当たらないとのこと。
特に忙しい毎日でもないし、ストレスもとりたててないとおっしゃいます。
ご自身のお身体に対しての不安がいつの間にか大きくなっていき、今はそれが一番のストレスになっていらっしゃるようですね。

「あちこち痛い場所が移動するというのは、気の流れが滞っている時によく起きるんですよ。」と、ご説明し、「気の流れを良くして、痛みを消していき、不安感も減らしていくのに効果的な漢方薬があるんですよ。」と、柴胡疎肝湯と敬震丹の組み合わせをお勧めしました。

一週間後のご来店の際には、痛みはほぼなくなり、ホッとされたご様子でした。
良かったです!

その後、お身体に対する不安感がなくなるまで、敬震丹だけは続けていただき、すっかり良くなられました!



◆人間関係によるストレス編

【娘さんが鬱っぽくなってしまい心配されているお母さんからの相談例】

50代くらいの女性がご相談に来られました。
「きょうは娘のことで相談に来ました。本人が来てなくても大丈夫ですか?」とのお尋ねです。

「大丈夫ですよ。お嬢さんどうされました?」

「うちの娘は会社勤めをしているんですけど、最近、会社に行きたくないと言い出したんです。朝もなかなか起きられなくて。」

「それはご心配ですね。」

「もともと子供のころから凄く神経質な面があって、緊張しやすい子なんです。人から言われる言葉が凄く気になってしまったりするらしいんです。性格もあるんでしょうね。」
「会社では仕事が忙しい上に、ミスがあったりというようなことが続いて上司の方からも注意されたようで、気持ちが折れてしまったみたいなんです。」

とてもナイーブなお嬢さんのようです。

「それでも仕事には頑張って行ってはいるんですけど、気分が不安定で、身体もしんどそうですし、だんだん口数も減ってきて、鬱っぽいんです。本人も気分が重くてスッキリしないと言うんです。このままでは心配で……。」とのお話です。
20代のお嬢さんだそうです。

「もともと緊張しやすいお嬢さんのようなタイプの方には、敬震丹がいいですよ。常に心配や緊張で脳がフル回転していて疲れていますから、疲労感も現れてきて当然です。気分がスッキリせず鬱っぽい状態は、敬震丹で気の流れを良くしてあげると、とても晴れやかになりますよ。」とお話して、ご購入いただきました。

その後きちんと服用していただき、徐々に気分も安定なさってきて、3ヶ月後くらいにはお薬もいらないくらいにまで改善されました。ご気分もスッキリと明るくなられ、お母さんも安心されたようです。
よかったですね!



【サークル仲間の言動がきっかけで不安感と動悸が始まった方の相談例】

50代らしき女性がご来店です。

「実は、半年ほど前に、趣味のサークル仲間のある言動がきっかけで、漠然とした不安感が湧くようになってきたんです。」
「胸がザワザワ、モヤモヤした感じになったり、夜寝る時にドキドキと自分の心臓の鼓動を意識するようにもなりました。」
「それまでは、細かいことがそれほど気になる性格ではなかったんですけどね。最近は人の言葉や表情なんかがすごく気になって。何とかしたいと思って来ました。漢方薬で、こんなの治りますか?」
とのご相談です。

さらに詳しくお尋ねしていくと、食欲も落ちていらっしゃるようで、食事はご家族のために頑張って作るのは作るけど、ご自分はあまりお腹も空かないし、ちっとも美味しく感じないそうです。仕事にも行ってはいるけれども、毎日とても疲れるとのこと。

サークル仲間の方の言動で心が傷ついたのでしょうね。
今は自律神経も乱れ、非常に弱気になっておられますし、体力も低下しています。
こんな時には、気を巡らす効果や動悸を治す効果のある「敬震丹」と、不安感や食欲低下にも効く「帰脾湯」が良いのでお勧めしました。

1ヶ月ほど経つ頃には、動悸はずいぶん減り、食欲も徐々に回復し、外食にも出かけられるようになったそうです。
明らかな改善傾向が見られ、ご本人様も回復への自信がついてきたようです。
すっかり良くなるまで、一歩一歩進んでいきましょう!



【職場での人間関係が原因で体調不良となった方の相談例】

一人の女性が、店頭にご相談に来られました。
深刻なご様子です。

「どうなさいました?」とお尋ねすると、
「会社での人間関係がうまくいかず、体調が悪くなって朝起きるのもしんどいんです。」とのこと。

心療内科に行った方がいいのかとも思ったが、なんとなく嫌で、こちらに相談に来ましたとおっしゃるのです。

具体的な症状をお聞きしていくと、いろいろ教えて下さいました。

・頭痛がしたり、吐き気がしたり。
・食欲もなく、体がだるい。
・気力が出ない。
・頭が重くて、思考が鈍っている。
・仕事には行きたくないし、実際行けない。
・会社の人と会うことを想像しただけで、不安な気分でどうかなりそう。
・胸の辺りが重苦しくて息苦しい。

会社の方々との間でどんなことがあったのかもお話して下さいました。

随分長い間、辛抱なさっていたようです。
つらかったでしょうね。

もう限界に来ていたのでしょう。

こんな場合、絶対に必要なのが、「敬震丹」です。
「気」を巡らしていくことが大事だからです。
ストレスがたまった時は「気」の停滞が起きていますからね。

それに加えて、吐き気を治す漢方薬や、、頭をスッキリさせるためのイチョウ葉エキス、脳や体を元気にするカキエキスのワタナベオイスターを飲んでいただく事にしました。
まずは2週間です。

2週間後にご来店されたとき、表情が最初の時より少し明るくなられたなという印象でした。
ご本人も、「吐き気はなくなり、身体のだるさもましになりました。気分もちょっと楽になりました。」とおっしゃる。

いい感じなので、さらにこのまま服薬を続けていただきます。

その後、順調に良くなっていかれ、最終的にはちゃんと仕事にも復帰され、元通りのお元気な状態に戻られました。

ホントに良かったです!



◆忙しさからくるストレス編

【お仕事の忙しさが原因で心身ともにお疲れの方の相談例】


50代くらいの男性が疲れたご様子でご相談に来られました。

会計事務所にお勤めとのこと。
毎日が忙しく仕事に追われている状態で、肉体的にも精神的にもへとへとに疲れるのだそうです。
現在受け持っている顧客さんの数がとても多いし、毎日何件もの顧客さんの所へ出向いていき、パソコンにデータを入力して会計状況を分析し、より良い経営のためのアドバイスをされています。

真面目できちっとしたご性格のようで、手を抜いたり、いい加減なことはしたくないようです。
お顔を拝見していても瞼が重たそうで、疲れて眠そうな、力が抜けたような表情です。

忙しさによるストレスで完全に「気」の巡りが悪くなっている状態です。

そこでまずは、「気」を巡らすため、敬震丹をその場ですぐに飲んでいただきました。
口にふくんでいただくと「へ~、この香り好きです~~。なんかお寺の香りみたいで凄く気分が落ち着きます。」とおっしゃいます。
その後しばらくお話して、お帰りなるころには、あんなに重たそうだった目がすっきりと大きく開き、「この敬震丹、僕に合ってるみたいです!」と嬉しそうでした。

後日、お電話でご様子をお尋ねしたところ、精神的に余裕が出てきて、気力が湧くようになり、元気にお仕事もできているそうです。

敬震丹は忙しい人にはぜひ上手に活用していただきたい漢方薬ですね。



【忙しくなるとドキドキや息苦しさが出る方の相談例】

60代の女性のご相談です。

もの凄く心配症の方で、ご家族のことをよく心配されています。
今はご主人とお二人暮らしとのこと。
娘さんはすでに結婚されてお近くに住んでいらっしゃいますが、お孫さんのことや、離れて暮らすご実家のお母さんのことなど、気がかりなことが多く悩みが尽きません。

ことにご実家のお母さんはご高齢の為、今は施設に入所されていますが、ちょっと変わったことがあると、施設の方からお電話があり、その都度出向いて対応してあげないといけないのだそうです。

「自分の母親のことですし、行ってあげたいんです。でも、遠いですから、もう身体もしんどいし、他の用事もあるし、次々とやらないといけないことが増えていくと、ストレスで気持ちがいっぱいいっぱいになってきて…。胸はドキドキするし、息苦しくなってきて辛いんです。」とのご相談です。

ほとんどの人は、忙しくて時間に追われるようになると、「気」の流れが悪くなります。
そうすると、こういった症状が現れることはよくあります。ことに、几帳面な方や、真面目で責任感のある方ほど、きっちりやろうという思いが強いので、現れやすいですね。

「敬震丹という漢方薬で気の流れを良くしてあげれば、気分が落ち着き、余裕が出ますよ。そうすると、一つ一つやるべきことを落ち着いて片づけていけますから大丈夫ですよ。」とお勧めしました。

それ以後、「これを飲んだら気分が楽になるし、ドキドキもおさまるんです。」と敬震丹を大変気に入ってくださり、嫌な気分になったりしんどくなった時は、上手に活用して下さっています。

 
敬震丹

敬震丹(けいしんたん)の働き

(1) まずはじめに「気」とは?

敬震丹は『気の巡りを正常な状態にする気付け薬』です。
では、「いったいって何?」と思いますよね。
漢方の世界では昔から、「人間の体には、目には見えないけれどというものが流れている」と考えられてきました。
とは、例えるならば、エネルギーのようなものです。

日本語には「気持ち」「気分」「気力」「元気」「気が乗らない」「気に入らない」など、という言葉がたくさん使われています。
皆さんも日常的に使っていますよね。
昔から日本人は、という言葉を何気なく、習慣的に使ってきたわけです。
というものが、心や身体に関係していることを昔の人はすでに知っていたんですね。

例えば、血液も、リンパ液などの水分も、身体の中で勝手に流れているように思いますが、気の働きのおかげで体の中を巡ることができています。ということは、気の流れが悪くなれば、血液の流れやリンパの流れも当然悪くなります。
そうなると、血液の中を流れに乗って運ばれていく酸素、栄養、ホルモンなどが、司令塔である脳やその他の臓器にうまく運ばれず、大切な脳の働きや、全身のネットワークがうまくいかなくなります。

特に、司令塔である脳の働きが乱れると、自律神経やホルモンの働きも乱れます。その結果、感情が乱れやすく、うつになったり、妙に緊張したり、突然動悸がしたり、不安神経症になるなど、心も体も不安定になってきます。

心や体の調子が悪くなった時は、現れている症状だけを考えるのではなく、その根底にある「気」のことも考えていく必要があります。 気(エネルギー)を増やして、さらに気(エネルギー)の巡りを良くしていくと、とても治りやすいのです。
そして、このような「気の補い」「気の巡り」に働くのが「敬震丹」なのです。


(2) 敬震丹はどのように効果を発揮するの?

敬震丹には、漢方用語で「気剤」と呼ばれる、気に作用する香りの良い生薬が多く配合されています。
「麝香、牛黄、竜脳、サフラン、沈香、香附子、木香、甘松、桂皮」の9種類がそれに当たります。
なんと、14種類の成分のうち、9種類が芳香性の気剤なんです。

これら香りの強い成分は、鼻腔から脳の大脳辺縁系へダイレクトに働きかけるため、効果が早く出るわけです。
アロマオイルなどを嗅いでも、リラックスしたりしますよね。
お客様の中には、口に入れなくても、敬震丹の香りを嗅いでいるだけで、気分が落ち着くと言う方もいます。
このような敬震丹の効果は、科学的にもとても理にかなっています。


さらに、敬震丹は香りの効果に加えて、服用後、体内に入ってからの効果もありますから、より優れた効果が発揮されるのです。


敬震丹は副作用もなく依存性もない、安心して続けられる漢方の精神安定剤ともいえます。


現代は、ストレスや忙しさ、疲労などから、気をすり減らしたり気の巡りが悪くなった結果、病気になっている人がたくさんいます。
そんな方々の救世主となるのが
敬震丹です。


(3) 敬震丹の効果的な服用方法

敬震丹の最大の特徴は「香り」です。
「香り」は鼻腔から入って、脳にダイレクトに働きかけるので、お水でゴックンとすぐに飲み込んでしまうよりも、出来れば、お口にふくんでしばらく舐めておき、その香りを感じた方がより効果的なんです。

ただし、そのままお口の中で敬震丹が溶けるのを待っていると、とても時間がかかるので、ある程度たったら、かみ砕いていただいても結構です。

しかし、中にはこの敬震丹の香りが苦手な方もいます。
そんな方は、最初から指で4つくらいにパキパキッと割って、普通にお水でゴックンと飲んでいただいても大丈夫です。
敬震丹の味は、やや苦いのですが、こうしてお飲みになれば、味や香りはお口に中にあまり残りません。
香りを嗅がなくても、その効果はちゃんと発揮されますから大丈夫ですよ!


敬震丹(けいしんたん)の歴史

今から400年以上も前のことです。

安土桃山時代(織田信長や豊臣秀吉のころ)、ある一人の旅人が助けを求めて犬伏家を訪れました。
その旅人に持病が起こり歩けなくなったのです。
犬伏家の人々が手当をしてあげた甲斐あって旅人は数日で全快しました。

旅人は、その恩に報いようと薬の作り方を犬伏家に伝授しました。
犬伏家の人々はこれにしたがって薬を作り「龍虎圓(りゅうこえん)」と名付けて売り出したのだそうです。

1831年、これを犬伏九郎左衛門が、阿波藩のお大名を診るお医者様、橘春庵に相談をしてさらに改良を加え、薬名を「敬震丹」に改めて売りだしたのが始まりだそうです。


敬震丹(けいしんたん)の成分

◆以下の赤い字の漢方薬は、「気」の通り道(経絡)を通す働きをします

麝香
麝香(じゃこう) 

ジャコウジカという鹿がいるのですが、その雄のお腹に袋状の麝香腺というものがあり、そこからの分泌物を乾燥したものです。英語では“ムスク”と呼ばれる特有のいい香りがします。香水の材料にもなったりしています。その芳香によって、気の通り道である経絡を通すので、気の停滞を改善し、気分を健やかにしてくれます。「開竅薬」とも言われます。
                                        
  牛黄
牛黄(ごおう)

牛の胆嚢や胆管の中にできた結石です。苦いですが、芳香があり、気分を落ち着ける鎮静作用や、解熱作用、利胆作用などがあります。古くから、高貴薬として位置付けられ、動悸、息切れ、気付けの漢方薬として、よく用いられてきました。これも「開竅薬」です。

竜脳
竜脳(りゅうのう)

熱帯アジアに分布するフタバガキ科の木でリュウノウジュというものがあり、これの樹脂を加工したものです。最近は合成のものが用いられることも多いようです。とても爽やかな香りがあり、気付け薬として、気の通りを良くしますが、作用は緩やかで、麝香の補助薬のような働きをします。

サフラン
サフラン

アヤメ科のサフランの雌しべにある花柱が使われます。別名を“番紅花”とも言います。キレイな朱色をしており、サフランライスとかお菓子にも使われたりします。少量でもたくさんの花が必要なので大変高価です。血を整えて、鬱なモヤモヤした気分を晴らして爽やかにしてくれます。


◆以下の青い字の漢方薬は、その成分が胃腸で吸収されるのに加え、生薬の香りによって「気」を巡らせます

 沈香
沈香(じんこう)

ジンチョウゲ科のジンコウという木の切り株などの損傷部分に自然に集まった黒色の樹脂です。別名を“伽羅”と言います。気を巡らすので、漢方では「行気薬」という言い方もします。お香としても使われるほど良い香りです。気分を落ち着かせる鎮静効果や、痛みを止めたり吐き気を止める効果もあります。

  甘松
甘松(かんしょう)


オミナエシ科のナルドスタキスの根茎です。甘味があるので甘松と言われ、独特の芳香がします。
鎮静効果、気を巡らす効果、腹部膨満感を取る効果、胃痛や腹痛を止める効果、健胃効果などがあります。ストレスによる胃腸の不調に効果的です。

香附子
香附子(こうぶし)

カヤツリグサ科のハマスゲの根茎です。気分がとても落ち着くいい香りがします。特に女性に好まれる香りです。「気病の総司、女性の主帥」と言われるくらい女性の不調によく効きます。気が停滞することによって起きる頭痛、肩こり、腹痛などに効果的です。また、鬱っぽくなったり、イライラなどの気分も治します。さらには生理を順調にする調経作用や生理痛を和らげる効果もあります。

木香
木香(もっこう)

キク科のモッコウの根です。芳香があり、主に胃腸の症状に効果があります。気を巡らすことによって、腹部膨満感、胃痛、腹痛、ムカムカ、食欲不振などを治します。また、消化促進や下痢を止めるなど、健胃整腸効果があります。

桂皮
桂皮(けいひ)

クスノキ科のケイの皮です。血行促進効果や温める効果が強く、身体や手足の冷えに効果的です。また、お腹を温めることによって下腹部痛に大変効果的です。

 
◆以下の緑の字の漢方薬は、胃腸の調子を整え、「気」を補う働きをします

人参
人参(にんじん)

ウコギ科のオタネニンジンの根です。気を補い、疲労を回復させ、とても元気になれます。
胃腸の機能も高めるので消化を促進し、食欲も増して、胃腸を丈夫にしていきます。また、神経がすり減っていたり、疲労が原因で動悸がしたりする場合にも効果的です。

丁子
丁子(ちょうじ)

フトモモ科のチョウジノキの花蕾です。特有の芳香がします。丁子という名前の由来は、形が釘に似ているからだそうです。別名を“クローブ”と言い、香辛料としてもよく使われているので馴染みがありますね。お腹を温め、健胃効果、吐き気を止める効果などがあります。冷えが原因のしゃっくりを止める効果もあります。

生姜
生姜(しょうきょう)

いわゆるショウガの根茎です。食品としてもよく使われていますし、漢方薬の中にはよく配合されていますね。吐き気を止める効果があり、食欲を増す効果もあります。

牛胆
牛胆(ぎゅうたん)


 
★お気軽にご相談下さい。
 

TEL・FAX 0797-77-9900 
(日曜・祝日と水曜日の午後はお休み)
 
お問合せボタン

★ほんのちょっとしたことや、ご購入がまだお決まりでない方でも、お気軽にお問い合わせ下さい。
接客されるのが苦手な方、メルマガの苦手な方もぜひお問い合わせください。
メルマガはお送りしておりません。
ページ最上部へ