男性不妊症 妊活(不妊)相談 男性不妊に関する情報

男性不妊について

不妊症でお悩みのご夫婦の約半数近くで、男性側に何らかの原因があることが、WHOの調査でわかっています。

妊活を始めて、しばらくしてもなかなか赤ちゃんが授からないと、まずは女性だけが病院へ行って検査を受けることがほとんどだったのではないでしょうか?当店にご相談に来られるお客様のお話を聞いていても、まだまだそういうケースも多いようです。
しかし最近は、冒頭のように男性側に原因がある可能性も決して低くはないのですから、治療の時間的ロスを避けるためにもなるべく早い段階で、男性もまずは一度、不妊症の検査を受けてみることをお勧めしています。

店頭では、女性がすでに病院での検査を一通り終えてからご相談に来られるケースが多いですね。
そして、中には男性側の不妊検査もすでに済まされ、『精子の数が少なめである』とか『運動率が悪い』など、男性側の原因がはっきりしている場合のご相談も、以前より明らかに増えてきています。

そういった男性不妊の場合には、サプリメントや漢方薬などを服用していただき治療していくと、医師も驚くほどの回復が見られるケースも多いので、女性だけでなく、最初からご夫婦で一緒に不妊治療に取り組んでいただくことがベストだと思います。

ではこれから少しずつ「男性不妊」についての情報をお伝えしていきますね。


妊活(不妊)相談のページはこちら

男性不妊の原因と検査について

男性不妊の原因の一つに「造精機能障害」があります。
これは、精子を造る機能が低下しているか、又は、何か障害があることを言います。

厚労省の調査研究によると、男性不妊の原因の8割は、この「造精機能障害」だという結果です。
さらに、そのうちの半数以上は、はっきりとした原因がわからない、いわゆる特発性のものだと言われています。

男性不妊の原因を調べる方法の一つとしてまずは、精子の状態を調べる≪精液検査≫があります。
これは男性の検査として基本的なものですがとても重要です。
下に、検査項目と正常値を示してあります。

ただし、精子濃度はその時の体調などによっても大きく変動するので、最初の検査で、もし結果が悪くても、1回だけの検査で判断せず、精液検査は数回受ける方が良いと言われています。


≪精液検査の項目と正常値≫

・精液量 1.5㎖以上
・精子濃度 1㎖中に1500万個以上
・精子運動率 40%以上
・正常形態精子 4%以上
・総精子数 3900万個以上
・白血球 1㎖中に100万個未満



●「無精子症」

何度検査をしても、射出精液中に精子が全く存在しない状態のことを言います。
これには、「非閉塞性無精子症」と「閉塞性無精子症」があります。

非閉塞性の方は、精巣で精子を作ることができないため、精液中に精子が存在しません。

閉塞性の方は、精巣で精子はちゃんと作られているけれども、精子が通過する通り道に障害があって、射出精液の中に精子が存在しない状態になっています。

●「乏精子症」

射出精液中の精子濃度が1500万/㎖より低い場合を言いますが、変動が大きいため何度か検査を受ける必要があります。

●「精子無力症」

精子の運動率が40%以下の場合を言います。運動の中でも特に、まっすぐに進める直進精子が多い方が妊娠にとっては良いとされています。

●「精子死滅症」

動いている精子がほとんどいない、ほとんどが死んでしまっている場合を言います。

●「奇形精子症」

奇形精子が70%を超えた場合を言います。奇形精子というのは、精子の形が正常でないことです。
例えば、頭部が二つに分かれていたり、頭部が大きすぎたり小さ過ぎたり、尻尾の部分が2本あったりです。

●「膿精液症」

白血球が100万個/㎖以上ある場合を言います。
感染症などによって精嚢や前立腺の炎症などが起こり、その結果、白血球が増えるのですが、そうなると精子の運動率が悪くなってしまいます。


妊活(不妊)相談のページはこちら
ページ最上部へ