不妊症とは? 妊活(不妊)相談 不妊症の意味

不妊症の定義

◆「不妊症」とは

「赤ちゃんは、そのうち自然にできると思って気楽に考えていました。でも、いざ本気で欲しいと思い始めてもなかなか……」

不妊症のご相談に来られる妊活中の方々の中で、このようにおっしゃる方が本当に凄く多いんです。


避妊をせず普通に夫婦生活を営んでいても、妊娠しない状態が「1年以上続いた状態」のことを、医学的には「不妊症」と言います。ですから、妊娠しない原因が何か見つかっていようがいまいが、検査などしなくても、ただそういう状態が1年続いているだけで、単純に「不妊症」という診断になるのです。

なぜこのように決まったかというと、普通、避妊をせずに夫婦生活があれば、1年以内に8割、2年以内に9割のご夫婦が妊娠するという考えをもとに、不妊症の定義が決まったようです。

しかし昔と違って現実には、このデータのように簡単にはいかず、赤ちゃんが欲しいなと思っても、なかなかすぐに思い通りに授からなくなってきています。お若い20代の方でも悩んでご相談に来られます。

妊娠しにくくなっているというのは、いったいどういうところに原因があるのでしょうか?
まずは妊娠の基本的な仕組みを知っていただき、その上で、不妊の原因についてもお伝えしていこうと思います。


妊活(不妊)相談のページはこちら


妊娠のための卵子と精子の成り立ち

(1)女性の「卵子のお話」と「排卵の仕組み」

1、原始卵胞とは

女の赤ちゃんは、生まれた時にすでに、一生分の卵子のもとになる細胞を卵巣の中に持っています。
つまり、そこから新たに細胞が作られて増えることはないんです。

その数は、約200万個と言われていますが、しかしこれがずっとこのまま思春期まで温存できるかと思いきや、そうではないんですね。思春期になって初潮が始まる頃には、約40万個に減っているのです。

これを原始卵胞と言います。原始卵胞は、未成熟な卵子(赤ちゃん卵子ですね)が袋の中に入っている状態で、排卵できる年齢までゆっくりと休眠しています。

2、排卵できる主席卵胞とは

生理が始まって数年経つと、身体の準備が整ってきて、排卵が起るようになります。

いくつものホルモンの刺激を受けることによって、今まで休んでいた原始卵胞のうち、1日に30個ずつくらいが、毎日少しずつ成長を始めます。ですから、生理の1周期では約1000個くらいが成長し始めるのです。
でも、これら全部が同じように成熟できるわけではありません。

脳下垂体から分泌されるFSH(卵胞刺激ホルモン)の作用によって、最終的には1個だけが大きく成熟し、これを首席卵胞と言います。この主席卵胞が、排卵への準備をしていきます。そして、これ以外のものは、出番がなかったということで消えていってしまいます。

3、排卵の仕組み

主席卵胞は徐々に大きくなり、約20mmくらいに成長すると、エストロゲン(卵胞ホルモン)をたくさん分泌するようになり、これの働きにより子宮内膜が厚くなっていきます。
ホルモンが要所要所に働いて、妊娠できる準備を着々と整えていくんですね。

卵胞からのエストロゲンの分泌が増えてくると、これが「卵胞がもう大きく成熟しましたよ~。こっちは準備できましたよ~。」という卵巣からの合図となり、次はその合図を受けた脳下垂体から、LH(黄体化ホルモン)の分泌がグググーーっと増えて(これをLHサージと言います)、「了解しました!ではもう排卵してもOKですよ~!」という指令が出ます。

すると、卵巣の表面近くにポコンと膨らんできていた主席卵胞の中の卵子が、袋を破って、卵巣からポーンと飛び出します。
これが「排卵」です。人間の身体は実にうまいことできてますよね~。



(2)男性の「精子のお話」と「射精までのルート」

1、精子の作られ方

精子は卵子と違って、基本的に毎日、新しく5000万個~1億個作られていると言われています。
女の赤ちゃんと違って、一生分を持って生まれてくるわけではありません。
思春期になり、男性ホルモンの分泌が盛んになると、初めて精子が作られ始めます。

では、精子はどこで作られているのでしょうか?

左右にある陰嚢内に精巣というものがあります。(これは別名、睾丸とも呼ばれています。)
この精巣は、白膜という硬い膜に覆われていて、その中は小葉という200~300の小部屋に分かれています。

さらにその小部屋の中には精細管という曲がりくねった管があり、精子はこの精細管で作られています。

精細管の中で、「精祖細胞⇒精母細胞⇒精子細胞⇒精子」というふうに精子のおおもとの精粗細胞から、どんどん細胞分裂を重ねながら成長していき、精粗細胞から精子ができるまでは約80日間かかると言われています。

精粗細胞が細胞分裂によって増えるので、精子自身はいつも新しいものが生まれています。


2、精子の構造

精子の大きさは約60μm(マイクロメーター)、つまり約0.06ミリです。

精子は、大きく3つの部分に分かれています。頭部中間部分尾っぽです。
よくおたまじゃくしみたいな形と表現されますね。

精子の頭部には大切な「核」があります。その核の中にはDNAが入っています。
女性側の卵子が持つDNAと、男性側の精子が持つDNAが、受精によって合わさり、一人の人間となっていきます。

中間部分には精子の動きを司るエネルギーを発生させるための「ミトコンドリア」があります。
精子のエンジン部分のようなものです。

尾っぽの部分は、これをフリフリ振動させることによって、前へ前へと進ませていく役割があります。


3、射精までのルート

精巣の精細管で作られた精子は、精巣の上部と背面にある精巣上体(副睾丸)に集められます。

次に、精子たちは「精管」という約40cmほどの管の中をぐんぐん進んでいきます。
その後、精管膨大部まで来ると、まず「精嚢の分泌液」と「精子」が混ざりあい、これがさらに「前立腺の分泌液」とも混ざりあい、ようやく「精液」が出来上がります。

そして、射精の直前に精子が集まり、膀胱の方へ逆流しないように、膀胱側の括約筋が収縮して、尿道側の括約筋が緩んで、尿道を通って精液が射出します。これが射精です。



妊娠までのプロセス

(1)卵巣から1個の卵子がポーン!(排卵)

女の赤ちゃんは、まだお母さんのお腹の中にいる時から、その卵巣の中に一生分の「原始卵胞」を貯えています。

必要な時期までそれら原始卵胞は眠っていますが、思春期になると眠りから覚め、その中からいくつかが成長し始めます。

そしてついに1個が成熟した主席卵胞となり、ホルモンの合図により、卵胞の膜を破って卵巣から卵子がポーンと飛び出します。


(2)卵管膨大部が卵子と精子の出会いの場

卵巣から飛び出た卵子は、卵管の先端部分にある「卵管采」というイソギンチャクのような入口でスポンとキャッチされ、卵管の中へと吸い込まれて行きます。

そして、ちょっと先にある「卵管膨大部」という卵管の中の少し広い所で、精子たちがやってくるのをじっと待つか、あるいは、精子の到着が先だった場合は、辿り着いた精子は3日~5日生きられるので、精子たちがこの場所で卵子が来るのを待つことになります。

いずれにしても、ここが卵子と精子の出会いの場所となります。



(3)たくさんの精子たちが卵子を目指して出発~!(射精)

精巣の中にある精細管で毎日作られる精子は、精管を通って、やがて、精嚢や前立腺の分泌物と混ざり合い、精液となります。

そして、射精によって膣の中に飛び込んだ精子たちは、いっせいにダッシュで卵子を目指して進みます。
この時の精子の数は1億個くらいと言われていますが、卵子と結ばれる精子はたった1個だけなのですから、これはもの凄い競争です。

精子たちは、まず、「子宮頚部」を通過します。
ここでは、頸管粘液が精子たちを通過しやすくしてくれています。

この頸管粘液の中を頑張って泳いで前進していきます。
しかし、中にはうまく前進できない精子や、ここで力尽きてしまう精子もいます。

無事に子宮頸管を通り抜けた精子たちは、さらに子宮の奥へと泳いで行きます。


(4)どっちの卵管に進むかが運命の分かれ道

精子たちが子宮内膜上を頑張って奥まで進んでいくと、左右二つに分かれている卵管の所にまでやってきます。

卵巣は二つあり、1ヶ月に1個、どちらか片方の卵巣からしか排卵しません。
どちらから排卵するかは、ひと月ごとに交互にとは必ずしも決まっていないようです。

なので、精子たちはここで左右どっちの卵管に進むかによって、卵子に出会えるかどうかが決まります。
精子の気持ちになるとドキドキですね。あ~~、どうか卵子に出会えますように!

会えることを願って、精子たちは卵管膨大部までさらに進んで行きます。
 
妊活(不妊)相談のページはこちら
(妊活成功症例・お客様の声も載せています。)

◆その他の妊活関連ページはこちらです。
   ご覧下さいませ。

ご相談は、まずはお電話かお問い合わせフォーム、お好きな方法でどうぞ。
TEL・FAX 0797-77-9900 
(日曜・祝日と水曜日の午後はお休み)

 
ご相談の方は
下のお問い合わせボタンを
クリックしてください

妊活相談はこちら
ページ最上部へ