妊活のストレス 妊活(不妊)相談 妊活成功のためにはストレス軽減が大事

妊活中に感じる様々なストレス

妊活は、赤ちゃんを授かりたいという希望を持って進めていかれていると思います。しかし、その過程において多くの方が「何らかのストレス」を感じているようです。

実は、この「ストレス」が脳に影響を及ぼし、妊娠のブレーキになっている可能性が十分あるのです。

また、人間には「波動」という、その人が持つエネルギーのようなものがあると言われており、この波動がストレスによって大きく影響されるのです。そして、この波動が下がると物事がうまくいかなくなるのです。


ストレスをゼロにすることは難しいですが、少しでも和らげていくことはできるはず。
では妊活中は、どのようなことに対して、あるいはどのような時に、「ストレス」を感じるのでしょうか。
そして、どうしたら少しでもストレスを和らげることができるのでしょうか。
具体的にあげていってみましょう。


《 目 次 》

◆妊娠は、自分の思い通り、計画通りにいかないというストレス

赤ちゃんのことに関しては、ご自分が一生懸命に努力しても、必ずしも100%思い通りに夢が叶わないことは残念ながらあるものです。

生命の誕生に関わることは、人間の力が及ぶところには限界があります。
昔に比べれば、体外受精など高度な医療技術が発達してきていますが、それでも、卵子と精子が受精して子宮内膜に着床して、といった医学的理論だけでは解明できないこれはもう、神様の領域なんでしょうね。

ですから、赤ちゃんは「授かりもの」と言うのかなと思います。

もちろん、妊娠しやすい身体になるために、普段の生活パターンを見直したり、漢方薬で血流を良くするとかホルモンバランスを整えるなどの体質改善や、サプリメントなどで妊娠のための栄養補給をするというような、ご自分ででき得る努力は一生懸命になさった方が良いと思います。

また、必要であれば、病院での治療を選択するのも良いでしょう。
しかし、どんなに最先端の科学技術をもってしても、人間が最終的に生命の誕生をコントロールすることは未だできません。

この、自分の思い通りに計画的に物事が運べないことって、凄いストレスですよね。

特に、子供のころから真面目な性格で、努力家の方はストレスに感じやすいかもしれません。

これまでの人生において、努力し頑張って目標を達成してきた方は、自分が努力をすれば希望が叶ってきたという経験がありますが、妊活の場合にはこの方程式が当てはまらないということがなかなか受け入れ難く、ストレスに感じやすい傾向があります。

赤ちゃんを授かることに関しては、自力だけでは思い通りにならないですから、
出来る限りのことをしたら、あとは天にお任せ!!」
難しいかもしれませんが、ちょっと
こんな風に思ってみてはいかがでしょう?

肩の力が抜けて執着が和らぐと、良い結果が生まれる可能性が高くなると思いますよ。



◆なぜ妊娠しないのか、「その原因がわからない」というストレス

赤ちゃんが早く欲しい。でも、色々と検査をしても、特にコレという問題が見つからない…。

こういった原因不明の不妊というのは、実際とても多いようです。

それで体外受精の治療を受けようという方も増えてきています。
この場合は採卵をしますから、ご自身の卵子、あるいは受精したのちの胚のグレードなどを知ることができます。
そして、そのグレードもまずまずで、ホルモン値や内膜の厚みなど、諸々の条件も悪くないのに、何度移植しても良い結果が出ない時があります。

こんな時は、もう何をどうして良いかわかりませんよね。
「何が悪いの?何で?何で?」と、まるで出口の見えないトンネルに入ったような気分になるかもしれません。
こんな時は本当に辛いですよね。


例えば、「あなたはここに問題がありますから治療しましょう。」という場合は、改善すべきポイントが明確ですから、前向きに頑張っていけるものです。
未来に「希望」が持てますからね。
しかし、受精卵の染色体の異常かも…となると、う~~ん……、ですよね。

しかし、諦めずに出来ることはやっていきましょうと、お客様にはお伝えしています。

卵子の質を上げる可能性のあるサプリメントを飲んでいただくこともよくあります。
また、妊娠に必要なホルモンが、外からの補充だけに頼るのではなく、自分の体内でしっかりと分泌できるような体に変えていくための漢方薬なども飲んでいただくことも多いですね。
ストレスを緩和させるような漢方薬が功を奏する場合もあります。

検査上では何の異常もないようでも、身体の中では何かがスムーズにいっていないことがあるのかもしれませんから、やれることをやっていくことをお勧めします。



◆友人や知人が妊娠したと知った時や、妊娠中の女性を見かけた時のストレス

ご自身がなかなか赤ちゃんが授からずに苦しんでいる時に、お友だちやお知り合いの方、ご親戚の方などが妊娠や出産されたことを知ることもありますね。

また、街中でお腹の大きい女性に出会ったり、あるい抱っこしたりベビーカーに赤ちゃんを乗せて歩いているお母さんを見かけたりすることもあるでしょう。

そんな時はとても切なく、何で私には授からないんだろうと羨ましく、時には妬ましく思ってしまうこともあるでしょう。
これも大きなストレスかもしれませんね。

以前、不妊治療をされていたある女性は、外出すると妊娠中の女性や赤ちゃんに遭遇することがあるから、どうしてもの用事の時以外は外出しないことに決めていたそうです。
この方はその後、無事に赤ちゃんが授かりましたが、当時はとても辛かったんだと思います。

頑張っているのになかなか自分に赤ちゃんが授からない時は、お友だちやお知り合いの方の朗報を素直に喜んであげたり、心から「良かったね。おめでとう!」と言えないこともありますよ。
なのに、そんな自分を「私は何て嫌な人間なんだろ。」と追い打ちをかけるように責めてしまい、さらに苦しむ方がいらっしゃいます。

でもどうか、ご自分を責めずに、ご自分に優しくしてあげてくださいね。
そんな気持ちになっても今は仕方がないんだと認めてあげましょう。

羨ましいと思うのは当然です。
人間は感情の生き物ですから、自分の願いが叶わないと、幸せだと感じにくいのです。
でもいつかあなたにも赤ちゃんが授かる可能性があるんです。
将来そうなるためにも、今の自分を必要以上に責めてしまうのはやめましょうね。
どうかあなた自身が、あなたの一番の味方でいてあげてくださいね。


◆治療と仕事の両立が大変というストレス

この両立問題については、病院での治療をなさりながら、お仕事もしていらっしゃるという方々の多くが感じるストレスですね。

治療と仕事、どちらも大切ですから両立していくのはなかなか大変だと思います。しかし、理想の治療を続けていくためには当然ながらお金がかかりますから、その資金を得るためにもお仕事は辞めたくないという場合もありますよね。

病院での治療が始まると、治療のスケジュールが決まっていきます。生理周期に合わせて受診する日が決められたり、毎日連続で通わないといけない期間もありますね。そうなると、その日はお仕事を休むとか、朝一番で受診してから遅れて仕事にいくとか、とにかく、病院の方を優先しなければなりません。

勤務の融通が利くお仕事の方もいらっしゃれば、それがとても難しい場合もあり、本当に様々です。
また、妊活に対して理解があり協力的な職場の場合は凄くありがたいですが、そういうところばかりではありませんものね。
ご自分が病院受診のために都合をつけて行くことに対して、仕事仲間に気を遣ったり、ストレスに感じてしまうこともあるでしょう。
しかし、人生には優先順位が必要な時があります。
特に女性の場合は、年齢が大きく関係してきますから、「今は何よりも治療を最優先にしたい。」という時もありますね。


そんな時はその点を明確にして、周りの方々にもぜひ理解と協力を得るためお願いをしてみてはいかがでしょうか。
そして、できるだけストレスが少なくて済むような状態にして、治療を続けていくことが、「赤ちゃんを授かる」という夢につながっていくように思います。



◆親御さんなど周囲から、赤ちゃんのことを聞かれたり期待されたりするストレス

最近は、ダイレクトに「赤ちゃんはまだ?」と聞く人は減ったかもしれませんが、はっきりとは言わなくても、何となく、ああ期待され待ち望んでいるんだな~と気づくことはありますよね。また、ご両親などはお孫さんを楽しみにしがちです。

しかし、誰よりも妊活中のご本人が一日も早く赤ちゃんが欲しいと思っていて、努力を続けていらっしゃる時にそういったことを言われたり、そんな空気を感じるのは大きなストレスですよね。
悪気はないのでしょうが、周囲の方々はぜひ気を付けて、思いやりを持ってあげてほしいと思います。

以前、妊活が成功されて赤ちゃんを授かった方へのインタビューをさせていただいたことがあるのですが、その方のお話の中でもそういった内容がありました。ご興味のある方はそちらのインタビュー記事もご覧くださいね。

結婚して何年か経ってもお子さんがいないと、いろんな声が耳に入ってくるかもしれませんが、できるだけそういった声に心を乱されずに、ご自分のペースで妊活を続けていけるといいですね。

親御さんを喜ばせたいという親孝行なお気持ちも大切ですが、自分自身がどんな人生を送りたいかが一番大切ですから、ご両親など周囲の人たちのためではなく、まずは“ご自分が幸せになるために妊活を頑張っているいるんだ”と考えてみてはいかがでしょうか?そう考えると、周囲からの言葉によるプレッシャーやストレスがほんの少しでも軽くなるかもしれませんよ。

 
妊活(不妊)相談のページはこちら
(妊活成功症例・お客様の声も載せています。)

◆その他の妊活関連ページはこちらです。
 ご覧下さいませ。

ご相談はお電話かお問い合わせフォーム、いずれかお好きな方法でどうぞ。
*お急ぎの方はお電話がおススメです 
お電話は簡単で便利なので、お電話でのお問い合わせやご相談の方も多いですよ!
下の番号をクリックするとすぐにつながります。
TEL・FAX 0797-77-9900 
(日曜・祝日と水曜日の午後はお休み)

 
*メールでご相談希望の方は下をクリックして下さいね。
24時間受付していて便利ですよ。

妊活相談はこちら
ページ最上部へ