老化を防いで元気で長生き! column

老化を防いで元気で長生き!

元気《海のものと黒いものを食べよう! 》

まずは「老化」というものを漢方的に見てみましょう。
五臓のうち、まず老化に一番関係の深い働きは「腎」なんです!でも漢方の世界でいう「腎」は、西洋医学的なイメージの腎臓とちょっと違います。

もちろんよく知られている腎臓の働きも含みますが、それ以外に実は「生命力の源」というような意味をもっているんです。
ですから成長や発育、生殖に関すること、さらにホルモンや脳、骨、歯、髪の毛、耳、足腰などとも深く関わっています。

ほら、年をとってくると、性機能が衰えたり、閉経になるし、骨粗しょう症、白髪や脱毛、歯が抜ける、耳が遠くなったり耳鳴り、物忘れがひどい、腰がだるいなんてことが起こってきますでしょ~?
これらはみんな「腎」が衰えてきた証拠。それはつまり、生命力の源が枯れてきちゃったってこと。
これを「腎虚」といいます。

でもそれなら、「腎」を補ってあげれば、老化を防いで長生きできるってこと!
「腎」は海の塩辛さや黒い色と関係があるので、魚や貝、海草、黒豆、黒ゴマなどがオススメ。くるみやヤマイモも◎
           
《よく使う商品
腎を補うには「六味丸」「八味丸」「十全大補湯」など漢方がオススメ。
お茶代わりにトチュウやクコの実などを煎じて飲むのも○。

 老化予防におすすめ商品はこちら

ページ最上部へ