ストレスと「気を巡らす漢方薬」のお話 様々なストレスに敬震丹が効果的

こんな悩み(ストレス)の時には「気を巡らす漢方薬」を

このコーナーでは、皆さんが日常生活の中で感じやすい、よくあるお悩み(ストレス)について、いくつか書いていきますね。あなたが思い当たるような事例もあるのではないでしょうか。
ご参考になればと思います。どうぞご覧下さいね。


《 目 次 》

【失恋して辛いというお悩み(ストレス)】

失恋した後の心の痛みについて書いてみますね。
若い方なら男性でも女性でも、一度くらいは失恋の経験がおありではないでしょうか。


失恋大好きなのに、その想いを相手に受け止めてもらえないないのは、ほんとに悲しいですよね。
好きの度合いが強ければ強いほど、失恋の後のダメージも大きいのかもしれません。


聞くところによると、女性の場合は、他に好きな人ができれば、わりとスパっと切り替えられたりすることが多いようですが、男性の方は、引きずってしまうこともあるみたいですね。

どちらにしても、失恋の直後は皆さん、気持ちが凹みます。身体にも影響が出てきたりする場合もあります。
食欲がなくなったり、眠れなくなったりすることもあるでしょう。

自分のどこがダメだったんだろうと悩んだり、自分を否定してしまったり、諦めきれずに、ふと涙がこぼれてしまったり…。そんなにすぐには元気に戻れないですよね。

そんな時は「気を巡らす漢方薬」を服用してみましょう。
気を巡らす漢方薬は、辛いこと、悲しいことがあったときにはとても役に立ちます。

悲しくて暗いトンネルを抜けるまでの時間は短い方がいいですよね!
涙はきっと止まりますよ。そして、少し気分が明るくなれると思います。


そうしてちょっとでも前向きな気持ちになれれば、またきっと新しい恋の出会いがあるものです。
次に出会う人こそが、人生を共にする運命の人かもしれませんよ!




【認知症のご家族の介護が大変というお悩み(ストレス)】

ご家族に認知症の方がいらっしゃる場合のお悩みについてです。

認知症になられたのが、ご両親のいずれかであったり、あるいはご夫婦のいずれかである場合もありますね。


認知症 介護認知症の症状が進行していくと、何度も何度も同じことを聞いてきたり、感情的になり易くなって、些細なことで怒ったりということもあります。

また、排泄に関してのトラブルも多いですね。便意が分からず下着を汚してしまったりなんていうこともよくあります。
さらには、その始末をしている間に、ご本人に便が汚いという認識がないため、便を触ってしまったりすることもあり、介護するご家族のイライラやストレスも溜まります。


いくら病気のせいだ、ご本人が悪いわけじゃないと、理性ではわかっていても、介護するご家族も人間ですから、我慢できずに感情が爆発してしまうこともあります。

今の医学では、進行を遅らせるとはできても治ることは難しいですから、出口が見えず、ご家族が疲弊していくことも…。

そんなときこそ「気を巡らす漢方薬」をうまく活用して下さい。


これから先も、ご家族を介護していくという状況は変わらなくても、気持ちに少し余裕が出てきて、前向きに考えられるようになったり、イライラも少し軽減されます。

「気を巡らす漢方薬」を服用すると〝気分がスッとする″とおっしゃる方が凄く多いんですよ。
服用することによって気が巡るので、嫌な気分が変わるんですね。
嫌な気分でいっぱいになった心の風船に、パーンと風穴を開けるようなものです。
ぜひお試しくださいね。



【ママ友との人間関係が難しいというお悩み(ストレス)】

日常的によくあるママ友同士の人間関係について書いてみます。

お子さんが小さいうちは、お仕事をしばらく休んで、子育てに専念なさる女性もいらっしゃることでしょう。
お子さんが、もうすでに幼稚園や保育園に入園されてる場合は、そこでのママ友との関係ができますし、また、入園前の小さいお子さんたちの場合は、家がご近所であることなどがきっかけで、公園で知り合ったりとかして、ママ友ができることもよくありますね。


いずれにしても、子供を通じてのお付き合いで始まる関係ですから、学生時代や結婚前の友人関係とは違って、物凄く気の合う人ばかりではないことも、時にはあります。

「共通項は同世代の子供がいることだけ」ということも多いでしょう。

ママ友の集まり親しくなってくると、それぞれお互いの家に遊びに行ったり来たり。そんな親密な機会が増えていくと、ストレスに思うことも出てくるものです。本音では、ちょっと嫌だな…、と思うようなことでも、お付き合いしないといけない雰囲気になったり…。

また、ママ友同士がグループ化してくると、これまた厄介なことも増えてくることがあります。
例えば、その場にいない人の噂話や悪口になったり、なんてこともあるようですね。
こうなると、ママ友の集まりに欠席するのも心配になりますよね。
また、中には妙にライバル心を燃やして、何かにつけて張り合ってくる人もいたり…。

しかし、大事なお子さんのことが絡んでいますから、気まずい関係になるのは避けたいところですよね。
とはいえ、嫌なことを我慢するのですから、ストレスが溜まります。
これが続けば心身に良くない影響が出てくるかもしれません。

こんなときこそ「気を巡らす漢方薬」の出番です。
これで気の巡りを良くしておけば、ストレスに感じることも少しは減るでしょう。
また、たとえ嫌なことがあっても、尾を引かずに気持ちを切り替えやすくなります。
ぜひご活用下さいね! 



【就職したばかりで仕事がうまくいかないというお悩み(ストレス)】

春は環境が変わる人も多い季節です。
新卒の人たちにとっては、初めての社会人としての新生活が始まりますね。


新卒 不安「よ~し、頑張るぞ~!」と、やる気満々な気持ちと、未知の世界への不安、期待、緊張感が入り混じったような気分でしょうか。学生時代の暢気な気分ではいられませんよね。

しかし、与えられた仕事を精一杯頑張って、認められたいと思っても、最初は、なかなか理想通りにはいかないものです。

「こんなに頑張ってるのに、なんでうまくいかないんだろう…。」
「また先輩から注意されてしまった…。」
「このぐらいのこと、簡単にできると思っていたのに、いざやってみると全然できない…。」
「この仕事、もしかして自分には向いてないんじゃないかな…。」
「自分はなんてダメなんだろ…。」

などと、自信をなくし、こんな気持ちになって打ちのめされたりすることもあるでしょう。

これは、新社会人の誰もが通る、最初の関門かもしれませんね。
こんなときこそ「気をめぐらす漢方薬」を服用するといいですよ。


この漢方薬の気を巡らす働きが脳に作用し、うつうつと凹んだ気分が晴れてきます。
なんとかなるかもしれないと、前向きに思えるようになってきます。


3ヶ月から半年も経てば、仕事にも慣れ、きっと気持ちに余裕も出てくることでしょう。
それまでの間、上手に「気を巡らす漢方薬」を活用なさってみてくださいね。




【夫婦仲がうまくいかないというお悩み(ストレス)】

世の中で一番多い悩み(ストレス)といっても過言ではないかもしれない、ご夫婦間の問題についてです。

まあ、新婚の頃は別として、結婚生活も年数が経ってきますと、相手の嫌な所がに妙に目についてくるものです。
最初は大好きだった点が、一番嫌いな点に変わってしまった、なんてこともまあよくありますね。
どうでしょう、大方のご夫婦は、結婚して3年くらいまででしょうかねぇ・・恋愛気分が残っているのは。


夫婦喧嘩だんだんお互いに遠慮がなくなってきますから、言ってはいけないことも、つい言ってしまったり、色々と不満が溜まってきます。

さらに、お子さんが産まれたりすると、奥様の方はぐんと負担も増えますし、最近はお仕事をされている奥様も多いですから、「私はこんなに大変なのにーーー!!あなたも少しくらいは手伝ってよーー!!」と、たまには不満が爆発したり。

ご主人はご主人で、「僕は家族のために、毎日こんなに頑張って働いているじゃないか!!」とこうなります。

ご夫婦のように、一番身近にいる人間関係ほど大変です。お互い、時にはストレスも溜まりますね。

そんな時こそ「気を巡らす漢方薬」です。

気分が落ち着けば、お互いの気持ちを理解しようという余裕が出てきます。
相手を思いやる気持ちも出てきます。夫婦円満で暮らせます。

不満やイライラが溜まってきたら「気を巡らす漢方薬」を1片。
もし夫婦喧嘩になってしまったら、その後にも「気を巡らす漢方薬」を1片。
仲良く暮らすために、どうぞこの漢方薬をお役立てくださいませ。

 


【子供が巣立っていくのが寂しいというお母さんのお悩み(ストレス)】

子供が成長して、親元を離れていく時は、お母さんは子供の成長を喜ぶと共に寂しい気持ちにもなりがちですね。

息子さんや娘さんが、大学への進学や就職などで、生まれ育った家を離れ、一人暮らしを始めるということはよくありますね。子供さんの方は、初めての経験で、ドキドキしながらも、新しい生活にワクワク胸を膨らませていることでしょう。


寂しいお母さんところが、送り出す側の親御さん、特にお母さんは、心配でたまらないとか、お母さん自身が寂しくて悲しいという気持ちから、体調が悪くなってしまう場合があります。

ことに相手が息子さんの場合は、ご飯など作ったことがない子供さんが多いですから、食事はちゃんとできるだろうかとか、病気になったら大丈夫かしらとか、とにかく心配でたまらないという方もいらっしゃいます。

これが高じてくると、持続的に不安感が現れてきたり、何でもない時に突然涙が出てきたり、やる気がなくなって鬱っぽくなったりといった症状が現れてきたりすることもあります。感情がコントロールできなくなってくるんですね。

小さいころから手塩にかけて、大事に可愛がってきた息子さんや娘さんが家からいなくなるというのは、心にぽっかりと穴が開いたような気持ちなんでしょうね。

でもそんなときは、早めに気を巡らす漢方薬を服用すると良いですよ。「気を巡らす漢方薬」の服用を続けていくと、寂しくて悲しい気持ちや不安な気持ちが、楽になってきます。そして、いつの間にか、これからの自分自身の新しい生き方を楽しもうと思えるようになってきますよ。

さらに「脳のための栄養素を併用なさると、これが脳内の過剰な活性酸素を消して、くれるので、より気持ちが安定しますし、元気が出てきます。

ぜひ、「気を巡らす漢方薬」「脳のための栄養素」をご活用なさってみて下さいね!




【会社での上司の小言やパワハラが辛いというお悩み(ストレス)】

仕事上でのお悩み(ストレス)について書いてみますね。

職場というのは、家にいるよりも長い時間を過ごしますよね。そこで、ストレスを受け続けるというのは、かなりの苦痛です。
最近はマスコミなどでもパワハラについて取り上げられていますから、部下を持つ方々も、以前よりは気をつけるようになられたかもしれませんが、まだまだ悩んでいる方は多いようです。


パワハラ例えば、ネチネチと小言を言われたり、言ってることがその都度コロコロ変わるとか、自分勝手で理不尽なことを部下に要求したり。

また、たとえそれが正しい主張であっても、部下の意見には全く耳を貸さないという上司の人もいるようです。

そんな時、「こんな会社、今すぐやめてやるーーーー!」と言えたら、さぞかしスカッとするでしょう。
けど、実際はそういうわけにもいかず、辛抱して、そのままそこでの仕事を続けるという選択をせざるを得ない場合も多いでしょう。生活のこともありますものね。

そんな時こそ「気を巡らす漢方薬」の服用をおススメします。

嫌な気分が晴れて、心に余裕ができると思います。
ストレスを抱え込んで辛抱を続けると、抑うつ的な気分になったり、不眠になったりということもありますが「気を巡らす漢方薬」を飲んでいれば、その予防にもなると思います。

また、こんな状態の時は、毎日のストレスによって、脳内に過剰な活性酸素が発生します。
それによって、自律神経が乱れたり、気分が沈んだり、不眠が現れたりします。

その過剰な活性酸素を消す働きのある「脳のための栄養素」もぜひ併用なさると良いですね。
この二つの組み合わせは非常に相性が良いので、とてもお勧めです。

心と体は一体ですから心にストレスを溜め続けると、必ずと言っていいほど、身体に何らかの症状が現れます。
くれぐれも気をつけて、早めの対策をしましょう。




【家族が病気で心配だというお悩み(ストレス)】

看病ご家族に病気の方がいらっしゃる場合もよくありますね。
自分が病気になるのも辛いですが、家族の誰かが病気になるのも、とても辛いですよね。
ご主人、あるいは奥さん、お父さんやお母さん、また、お子さんの場合もあります。


治療をすれば完全に治ってしまうとか、薬さえ飲んでおけば大丈夫、といった病気の場合もありますが、なかなか難しい病気であるとか、精神の病気、完治は見込めず長期に続く病気、また特に、命がかかっているような病気の時は、家族も一緒に闘っているような気持ちになります。
当然ですね。


常に、心配や心の緊張が続いていますし、病気のご本人の前では、弱音を吐けませんから、我慢をしないといけない状態になりがちです。また、常に明るく励ます側の立場ですから、病気のご本人とはまた別な意味で、大きなストレスがかかります。
このような時は、看病する側の人も、心身ともに健康を保つことがとても大切です。
支える側が健康でいないと、病気の家族を支えていくことはできません。
ご家族は、ややもすると、無理や我慢をしがちです。


ですから、こんな時こそ是非、看病する側の方が「気を巡らす漢方薬」をお飲みになることをお勧めします。
これを飲むと、状況は何も変わっていなくても、緊張感が取れて、気持ちが楽になります。


気持ちの持ち方が変われば、心も軽くなって、元気が出てきます。
そうすれば、身近にいる病気のご本人も元気が出てきます。
元気が出ると、病気は治る方向へ、あるいは、少しでも良い方向へと変わっていきますよ。

「気を巡らす漢方薬をお試しになってみてはいかがでしょうか。


また、こういった緊張感が継続的に続く状況では、脳内に過剰な活性酸素が発生しやすく、それによって疲労感を感じやすくなったり、やる気が出なくなったり、自律神経が乱れて体調不良が起ったりします。

「脳に良い栄養素」は、脳内の過剰な活性酸素を消してくれるので、こういった状況の時こそ、とても助けになります。


毎日すこしずつでもお飲みになると気持ちも身体も元気でいられますし気分がとても楽になって前向きな気持ちになります。

病気のご家族のためにも「気を巡らす漢方薬」と共に「脳に良い栄養素」を上手にご活用なさってみてはいかがでしょうか。




【あがり症で、人前でしゃべるのが苦手というお悩み(ストレス)】

さて今回は、会社ではよくある「人前で喋らなければいけない状況」でのストレスです。

例えば、会社の企画や商品のプレゼンテーションをすることになったとか、朝の朝礼でひと言、何か発表しないといけないとか。
これは平気な人にとっては、全然、どーーってことのない事です。
世の中には、みんなに注目されるのが大好きな人もいますからねぇ。


しかし、苦手な人にとっては、もう、その場から逃げ出してしまいたいくらい嫌なことですよね。
できることなら、仮病を使ってでも休みたいくらい。


あがり症大勢の人の前に立つと、心臓はバクバクするわ、声は上ずるわ、手に汗はびっしょりかくわ、スムーズに言葉が出てこないわで、もう大変です。

みんなが一斉に自分の方を注目しているから、余計に緊張するんですよね。
全員が後ろを向いてくれていたら、どんなに気が楽でしょう。


しかし、そういうわけにもいきません。
場数を踏めば、いずれ平気になってしまうことも多いのですが、慣れないうちは緊張感が半端ありません。

こんなときこそ「気を巡らす漢方薬」がお役に立ちます。


「気を巡らす漢方薬」に含まれる生薬には、緊張感を和らげ、動悸を鎮めてくれる成分が入っていますから、服用しておけば、気分が落ち着きます。ドキドキバクバクの動悸にも効果的です。
ぜひお試しくださいね!



【ご近所付き合いのトラブルによるお悩み(ストレス)】

ご近所さんとの人間関係トラブルについて書いてみます。

一戸建てのお家やマンションを購入されて、お住まいになる方もたくさんいらっしゃると思います。
新しいお住まいは楽しみですよね。


ご近所トラブルしかし、お隣やご近所にどんな方がいらっしゃるのかは、住んでみるまでわかりませんよね。
人間同士ですから相性もあります。中にはちょっと個性的な方や気難しい方もいたりしますね。


当たり障りなく、上手にお付き合いができればいいのですが、ちょっとしたことがきっかけで、こじれて険悪な関係になってしまう事例もよくあります。テレビでも時々取り上げられていますが、意外と私たちの周りで日常的に起きているようです。
こういったことでお悩みの方はおられませんか?

いったんこじれてしまうと、これはもうかなりのストレスです。
例えば、自分の家に入ろうとすると、それを待ち構えてじーーっと見ているとか、車を家の前にほんのちょっと止めているだけで文句を言われたりとか、細かいことを指摘されたり。


それが毎日のことですし、いつ解決するかも見通しがつかない。
一体いつまで続くのかと、途方に暮れ、大きなストレスになっていきます。

だからと言って、持ち家の場合は、簡単に引っ越しもできず、逃げ場がありません。
腹を立てたり、イライラしたり、憂鬱な気分になってきますね。
さらにはストレスから胃潰瘍になったり、自律神経が乱れ、耳鳴りや不安感、動悸、あるいは不眠にまでなったりすることもあります。

こんな状況の時は、まずは「気を巡らす漢方薬」活用されるといいですよ。
この漢方薬の働きによって、嫌な気分が少しでも楽になれば、きっとその問題についての解決策も落ち着いて考えられるようになりますして、毎日が今よりも過ごしやすくなりますよ!

また、このような場合は、問題がすぐに解決できずに長引くことも多いので、脳がストレスを受け続けることになります。
そうなると、脳内に過剰な活性酸素がたまり、それによって、ストレスホルモンが常に出続けるようになってしまいます。
その結果、先述のように、徐々に心身に不調が現れてきてしまいます。

それを防ぐために、過剰な活性酸素を消す働きのある「脳に良い栄養素もよくお勧めしています。
凄く嫌なことがあった時や、ストレスが大きい時、心身ともに疲れた時は特にお勧めですよ。



【息子が反抗期で乱暴になったというお母さんのお悩み(ストレス)】

男の子を持つ親御さんなら大抵は、こういったご経験があるでしょうね。
初めてのお子さんの場合、その変化に戸惑うお母さんもたくさんいらっしゃるかもしれません。

反抗期というのは、子供の成長過程での、ある意味、健全な姿だと言われています。
こういった成長過程を経て大人になっていくようです。

しかし、その変化の幅は、お子さんによって様々で、反抗期が激しいお子さんもいれば、反抗期なんてあったかしら?みたいな、あまり大きな変化のないお子さんもいるようです。


反抗期ちっちゃいうちは何でも親の言うことを聞く「良い子」だったはずが、中学生や高校生ころになって、急に態度が変わってくれば、そりゃ、お母さんとしては戸惑ったり、寂しかったり、心配になったりと、ちょっと複雑な思いがしてきますよね。

また、お母さんたちにとってのお悩みの多くは、お子さんが乱暴な口をきいたり、逆に口をきかなくなったり、乱暴な態度をとったりすることです。何か聞いても、帰ってくる答えは「別に」とか「普通」とか。
親にしてみれば、「普通ってなんやねん!」ですよね。意味がわからん。


まあきっと、本人も意味なんかないのでしょう。全然答えになってないことも多いです。
お母さんとしては、なるべく気にしないようになさるでしょうが、時には、まともにぶつかり合って親子喧嘩になることもあるでしょう。
エネルギーが有り余っているお子さんは、家が壊れるんじゃないかと思うほどの勢いでドアを閉めたり、時には壁を殴って穴をあけてしまう、なんてこともやりますね。そのたびにお母さんはびっくりします。


こんな時は、お母さんが「気を巡らす漢方薬」を服用なさるといいですよ。
「気を巡らす漢方薬」は、その作用によって気持ちが落ち着きますから、冷静に反抗期のお子さんにも対応できるようになります。
そして、時が来れば、お子さんも自然と落ち着いてきますから大丈夫です。
こんな時も、上手にこの漢方薬を活用していただければと思います。



【夫が定年後ずっと家にいるようになって体調が悪いという奥様のお悩み(ストレス)】

定年退職した夫こういったお話は皆さんの身近でもよく聞かれるのではないでしょうか。
ご主人様には大変申し訳ないのですが、よほど仲の良いご夫婦以外、まあほとんどの奥様は、定年後にご主人がずーっと家にいられるのを好みません。(笑)

ほとんどの奥様がストレスを感じ始めます。そして、体調が悪くなるのです。

世のご主人様にとってはヒジョーにつらい現実ですが、圧倒的にそういう奥様方が多いのです。
ご主人様方も薄々気づいておられるかもしれませんが。
(こういった場合に限らず、一般的に、病気になったり、体調が悪くなる原因の多くはストレスが絡んでいます。)

それは、なぜなのか。どういう点がなのか。
考えてみました。

(1)まず一つには、それまでの何十年、家にいる時間が、奥様の方が圧倒的に多いからではないでしょうか。
人間には自分の領域みたいなものを決める本能があるようです。

満員電車のように、どうにもしようがない環境以外では、人は自分のそばに、他人がぴったりとくっついてくる状態、つまり、自分の領域に踏み込まれるのを嫌がりますね。人によって程度の差はありますけど。

恋人のように大好きな相手は別ですよ。恋人同士はピタピタが好きなんです。
でも、何十年も一緒に暮らしてきたご主人は、恋人の様にはいきませんわね。

電車の座席でも、後から隣に人が座ってきたとき、あまりピタピタだと、たとえわずかでも、ちょこっとだけ横へお尻をずらしたりしますよね。まあ、そんなようなものです。

「昼間、好きなテレビを一人でゆっくり見たくても、視界に主人がいるとねえ……。」とおっしゃる奥様もいましたよ。
人間、一人の時間も欲しいのです。


(2)次にに問題なのは、物理的な手間が増えるという問題です。
ご主人様の定年後は、朝昼晩と1日3度のご飯の支度が始まるわけです。
これ、結構ストレスだというご意見、ヒジョーに多いです。
世のご主人様は定年までに料理のひとつもできるようにしておいた方がいいかもしれませんね。


夫が嫌(3)そして三番目は、「どこにいくんや?」「いつ帰ってくるんや?」「僕も行く」など、奥様の行動が規制されるような言動が増えてくることです。これは、ご主人様全員が当てはまるわけではありません。
一切、関知しないご主人様もいらっしゃいますから。


このようにいくつかの理由から、奥様方のストレスが増え、体調が悪くなることがあります。

こんな時には、「気を巡らす漢方薬」服用すればいいのです。

この漢方薬は、「気の巡り」を良くして、晴れやかにする効果があります。
すぐにこういった家庭の環境を変えるのは難しいですが、奥様の気分が晴れれば、必ず体調にも良い影響が出ます。
ぜひお試しください。



【初めての一人暮らしが大変というお悩み(ストレス)】

就職や進学を機に一人暮らしを始めた方の場合を書いてみますね。

新しい一人の生活は、自由でワクワクすることも多いですが、今までやったことのない初めての経験も色々出てきますから、慣れないうちはストレスに感じることもありますね。

今までは、たぶんお母さんが食事の支度やお洗濯など、全てやってくれていたという方がほとんどではないでしょうか。
まあ、そういうものですよね。


でも一人暮らしとなれば、全て自分でやるしかありません。食事は何か買ってきたり外食をすることもできますが、お洗濯はため込めばたまる一方ですし、お掃除をしたり片づけなければ部屋の中は散らかり汚れてきます。

学生さんの一人暮らしは、まだ少し気が楽かもしれませんが、初めての就職と同時の一人暮らしは、職場での緊張や気疲れもある中で家のこともやっていかないといけないのですから、なかなか毎日がしんどいですよね。

仕事では、就職前に思い描いていたような活躍がすぐにはできないこともよくあります。
自信を無くしてしまうことや、上司に叱られることもあるかもしれませんね。


一人暮らし更に、帰宅時間が遅いようなお仕事の場合は、心身共に疲れて帰ってきて、それから食事の支度やお洗濯となると、もう嫌になってしまいますよね。
学生さんの時とは違って、毎日働いてお給料をもらうのですから、そうそう簡単に休むわけにもいきません。


でも頑張り過ぎて気持ちもいっぱいいっぱいになってしまうと、ポキンと折れてしまうかもしれません。
そのまま我慢して無理を続けるのは決してよくありません。

そんなことを防ぐためには、辛くなったら、早めに気の巡りを良くする漢方薬の「気を巡らす漢方薬」を少し活用すると良いですよ。
この漢方薬を服用してみてください。「まあ、なんとかなるか!」と、気楽に考えられるようになります!

どんなことも最初は難しいですが、いずれ慣れて簡単にうまくできるようになります。
人間て凄いですよね。

こういった場合、ご実家のお母さんが、息子さんや娘さんの事をご心配されてご相談にお越しになったり、お電話でご相談いただいたりすることもよくあるんですよ。
母の愛ですね~~!



【仕事と家事の両立がしんどいという女性のお悩み(ストレス)】

最近はご夫婦が共にそれぞれ働いているご家庭というのも珍しいことではなくなってきましたね。
しかし、家事や育児となるとまだまだ半々というわけにはいかず、実際は女性の方が負担が大きいということが多いのではないでしょうか。

大変だけれどもやりがいのある今の仕事も頑張って続けたいし、経済的にもその方がいい。
となると…、やはり忙しい女性の側に、日々の不満やストレスが溜まってくる可能性がありますね。


仕事と家事の両立働く女性にとって、仕事と家事の両立はなかなか大変です。
ことに、朝から晩までフルタイムでお仕事されてる女性の場合は、帰宅してからホッと一息つく間もなく、家の事をまたひと頑張りしないといけません。体力も気力もいりますね。

お家のことって、料理、洗濯、掃除、買い物、ゴミ出し、子供さんが小さければ保育園の送り迎えやお弁当作りなどなど様々なことがあります。


料理一つを例にとっても、テレビのコマーシャルのようにご主人がお料理上手な方の場合はやってもらえますが、結婚するまでほとんど料理をしたことがないというご主人もきっといらっしゃるでしょう。
しかもご主人の帰宅時間が遅ければ待ってもいられません。
また、家事全般を奥様自身がやらないと気がすまないという方もいらっしゃいますね。

こんなふうに忙しい日常の中で、できるだけストレスを溜めずに機嫌よく暮らしていくためにおススメの漢方薬があります。
「気を巡らす漢方薬」です。嫌な気分になったらすぐにこれで気を晴らして、あとは、ストレス解消になりそうなご自分が楽し~い♪と感じることをやるのがおススメですよ~!



【二人目のお子さんが産まれてしんどいというお母さんのお悩み(ストレス)】

一人目の赤ちゃんを育てるのは、初めての事だらけで結構大変ですけど楽しいことや喜びもいっぱいありますよね。
その一人目の赤ちゃんがまだ小さいうちに、二人目の赤ちゃんが産まれる場合もあります。
こうなるとお母さんは忙しくてさらに大変です。


駄々をこねるこんな時、お母さんたちが悩まれるのは、上のお子さんのことについてが多んです。

赤ちゃんがまだ一人だけの時は、お昼間、赤ちゃんが寝んねしてくれてる時にお母さんも一緒に少し休んだりすることもできますよね。しかし、二人あるいは三人のお子さんがいらっしゃる場合は、ゆっくりと休む暇もありません。

「赤ちゃん返り」なんていう言葉もありますが、大好きなお母さんが、産まれたばかりの赤ちゃんを可愛がるのが面白くありません。つい我が儘になったり、超甘えんぼになったり、お母さんを困らせるような行動をとったりと、お母さんの関心を自分の方へ向けさせようと一生懸命です。

産後うつそんなお子さんの気持ちはわかっていても、産まれたばかりの赤ちゃんのお世話や授乳、そして上のお子さんのお世話に家事など、産後のお身体をゆっくり休めることもできない状態が続くと、お母さんは心身ともに参ってしまいますね。
ついイライラして、言うことを聞かない上のお子さんを怒ってしまったり、大きな声を出してしまったり、思わず叩いてしまったり、感情をコントロールできなくなってしまう、といったようなお悩みをよく相談されます。辛いですね。

お母さんが健康で笑顔でいられることが、お子さんたちにとってもご家庭にとっても凄く大切なことですよね。
お母さんご自身が、「最近笑えてないな…」「子育てしんどいな…」「怒ってばかりだ…。」と思い始めたら、早めに「気を巡らす漢方薬」を服用してみられると良いですよ!

これは気の巡りを良くする働きがあるので、ストレスで気が滞っている状態が解消され、気分は晴れてきます。
授乳中でも心配なく服用できるのも嬉しい点ですね。お子さんたちのためにも、まずはお母さんが楽しく毎日を過ごせる状態を作りましょう。



【大事な試験で緊張してしまい実力が発揮できないというお悩み(ストレス)】

テスト受験シーズンになると受験生の方をもつ親御様は何かとご心配のことでしょうね。
これまでお子さんのために、できる限りの応援や協力をなさってこられたと思います。
是非ともお子さんが希望している学校に合格してほしいですよね!

しかし、今まで寝る間も惜しんで頑張って勉強してきた息子さんや娘さんが、さぁいざ本番!という時に、緊張のあまり本来の実力が発揮できなかったとしたらこんな悔しいことはありませんね。もちろんご本人が一番悔しい思いをされます。


テスト(3)ところがどうしても、その方のご性格によって、本番にとても強い方もいれば本番に物凄く弱い方もいます。
オリンピックなどの競技でもそうですが、「本番」にどれだけ落ち着いて日頃の成果を発揮できるかで、勝負が決まってしまいます。ですからアスリートの方はメンタルトレーニングをしたりしてますよね。

受験の場合も、中には本番に強くて普段以上の力を発揮する方もいますが、大抵の方は緊張しますよね。
ご本人がかなり緊張しやすいご性格で、もしも心臓はバクバク、喉はカラカラ、頭は真っ白になってしまい、冷静に試験問題を考えることが出来ないといったご心配がある場合、あるいは、過去にそういったご経験がある場合は、漢方薬の「牛黄(ごおう)」が配合されている「気を巡らす漢方薬」などをうまく活用するのも一つの方法ですよ。ある意味のメンタル強化です。

「気を巡らす漢方薬」を飲むと動悸も治まりますし、気の巡りが良くなりますので、落ちついて試験問題に取り組めると思います。
そうすれば本来の実力が発揮できますね。受験対策の一つの方法としておススメです。
実際に、これを飲んで見事に第一希望の学校に合格できた学生さんもいらっしゃいました。
お母さんも大喜びでしたよ!



【子育ての中で色々と心配が尽きないというお母さんのお悩み(ストレス)】

指しゃぶりお子さんを育てていく上で、気になることや心配になることが色々あると思います。
調べれば情報がいくらでも手に入る世の中ですから尚更、気になってしまうこともあるでしょうね。


例えば、この時期にはこんなことが出来るのが普通だと書かれていれば、我が子がそれがで出来ていないとちょっと不安になったり。よそのお子さんが、このくらいの年にはもういっぱいおしゃべりしていたよと聞けば、同じ年ごろなのに、まだちゃんとおしゃべりできない我が子のことが心配になりますね。


英才教育また、お子さんの進路でお母さんが凄く悩んでしまう場合もあります。
うんと先のことまで決めておかないと安心できないというご性格のお母さんもいらっしゃいますね。

ただ、お子さんにとって、一番身近にいるお母さんの心の状態はとても大事です。

お母さんが不安になったりイライラしていると、お子さんはそれを敏感に感じ取って、お子さんの心まで不安になってしまいます。

不安や心配な気持ちになっている時は、「気の巡り」が悪くなっていて晴ればれしませんね。
こんな時は「気の巡りを良くする漢方薬」がおススメです。
お子さんのためにもご自身のためにも、安心してゆとりのある気持ちで子育てがしていけるといいですね。

 

【お姑さんの口出しが多くてイライラするというお嫁さんのお悩み(ストレス)】

嫁姑嫁と姑の仲というのは、昔からなかなか難しいと言われ続けていますね。凄~く昔は、お姑さんが厳しくてお嫁さんが辛抱しているというパターンが多かったようですが、最近はお嫁さんも強くなってきて、言いたいことをバンバン言ってしまう方もいるとか。(笑)

しかしまあ、もともとが本当の親子じゃないんですから、心底仲良くなろうとするのにはお互いの努力が必要なんでしょうね。お姑さんからのアドバイスも、時によってはイラっとすることも…?

例えば子育てに関してなど「こんな時はこうするものよ。こうした方がいいんじゃない?」なんていうアドバイスも、実のお母さんから言われるのと、お姑さんから言われるのとでは、何となく受け取りようも変わってくるというものです。

お姑さんはもちろん良かれと思って言っておられるとは思うのですが、あまり口出しが多いと、お嫁さんの方も「も~~~っ!放っておいてよ~~!」とイライラが募ってきてしまうかもしれませんね。


イライラしてくると「気の流れ」が悪くなります。気の流れが悪くなると、それがもとで体調不良に繋がることもあります。
そんな時は「気の流れ」を良くする成分が入っている「気をめぐらす漢方薬をお勧めします。
お互いあまり踏み込まず、程よい距離感を保つのが嫁姑の関係においては一番良いのかもしれませんね。


 

◎当店で人気ナンバー1の漢方薬
「敬震丹(けいしんたん)」
のご紹介

敬震丹 10片    ¥2,300(税抜)
   20片    ¥4,300(税抜)
   30片    ¥6,450(税抜)
   40片    ¥8,000(税抜)
   80片  ¥15,000(税抜)

 160片  ¥29,000(税抜)


敬震丹の詳しい情報はこちらをクリックして下さいね。
 

店舗外観180

<漢方薬局>
トーユーファーマシー

〒665-0033
宝塚市伊孑志3丁目6-25
TEL:0797-77-9900

【営業時間】
月・火・木・金(9:00~19:00)
水(9:00~12:00)
土(9:00~17:00)

【休業日】
日・祝日

ページ最上部へ